世界初“VHSテープ型”鑑賞券、デッドストックを手作業でリメイク。

写真拡大

7月16日より公開される映画「VHSテープを巻き戻せ!」の劇場鑑賞券が、世界初のVHSテープ型として発売されることがわかった。往年の映画ファンからは「アナログすぎる!」という声が聞こえてきそうなこの世界初仕様の鑑賞券は、本物のVHSテープを使用している。

この鑑賞券は、「VHSを手にしたときの記憶、感触を忘れないで欲しいし、知らないひとにはぜひこの感触、重みを知ってもらいたい」との思いから企画。倉庫に眠っていたデッドストックのビデオを一本一本手作業でリメイクした。上面ラベルには「VHSテープを巻き戻せ!」のオリジナルラベル、背面ラベルはもともと入っていた映画タイトルラベルをそのまま残した、映画ファンにはちょっとうれしい仕様になっている。

なお、このVHS型劇場鑑賞券のテープはあらかじめ切ってあるので中身は見れない。またデッキで再生しようとすると詰まる恐れがあるので「絶対にやめてください」とのことだ。

映画「VHSテープを巻き戻せ!」は、7月26日より再生開始。

☆「VHSテープを巻き戻せ!」概要

消えゆくメディア「VHS」がなぜいまも多くの映画ファンを魅了するのか。ビデオが築いた功績を辿り、新たな視点で再燃するVHSブームをひも解く。ここには夢とチャンスと愛がつまっている。

家にビデオデッキがやってきた日の興奮、ビデオテープをセットした時の感触、レンタルビデオショップの会員になった時の高揚といった“初体験”の数々、中古ビデオを探し歩いた徒労と充実の日々。知っている人には懐かしく、知らない人には驚きの発見だらけ!ビデオカルチャーの仕掛け人や生き証人、ビデオに魅せられた人々の言葉からみえてくる映像作品のいまそこにある危機。「VHSテープを巻き戻せ!」は、ノスタルジーとテクノロジーをつなぐ“愛”のドキュメンタリーだ。