先制PKを与えたDF今野「守備しっかりすれば、間違いなく日本は強くなる」

写真拡大

[6.24 ブラジルW杯C組 日本1-4コロンビア クイアバ]

 わずかながら、決勝トーナメント進出の可能性が残っていた日本代表だったが、24日に行われたコロンビア代表戦に1-4で敗れて、グループステージ敗退が決まった。あとのない一戦で、日本は先にPKを与え、先制される。一度はMF岡崎慎司のゴールで追いついたが、後半は3失点を喫した。

 この試合に先発したDF今野泰幸は、試合に臨む際の心境を振り返り「とにかく勝たないとグループリーグ突破が見えてこないので。とにかく積極的なプレーをして、勝ちにこだわってプレーはしたんですけど…」と口にした。

 守備でも積極的に行く。しかし、その姿勢が裏目に出てしまう。先制点につながるPKを与えてしまったのだ。この場面を振り返り、今野は「自分のタイミングでボールを取れると思ったし、自分が先にボールに触れると思ったので、チャレンジしたのですけど、振り返ってみるともうちょっと冷静に対応すればよかったなと思います」と、反省する。

「特に今日の後半なんかは特に差を感じましたね。世界との」と話す今野は、ザックジャパンでの4年間を振り返り「良いときも、悪いときもありましたけど、このW杯、ブラジルの地で、良い結果を残したいという想いでずっとやって来ました。でも、GL敗退に終わってしまって、ものすごく残念ですし、悲しいです」と話す。

 そして、日本がより良い結果を出すためには、守備の強化が必要という。「自分たちのリズムのときには良い攻撃ができるし、中盤から前の選手はものすごく良い選手がそろっている。これから守備をしっかりしていけば、間違いなく日本代表は強くなると思います」と、今大会3試合で6失点を喫した守備を反省した。