2回目のW杯が終わった大久保「試合のやり方が日本にはまったくない」

写真拡大

[6.24 ブラジルW杯C組 日本1-4コロンビア クイアバ]

 FW大久保嘉人にとって2回目のW杯が終わった。ギリシャ戦に続いてコロンビア戦でも先発出場を果たし大久保は、1トップからスタート。10分にはMF長谷部誠のロングパスをPA内で受けると、切り返しから左足シュートを放ち積極性を見せた。後半20分には大久保にとって最大の決定機が訪れる。右サイドを突破したDF内田篤人がグランダーのクロスを入れると、ニアサイドに走り込んだ大久保が右足で合わせたが、シュートは枠をとらえることができなかった。「うっちーからいいボールがきて、先にDFの前に入ったんですけど……。非常に悔しい外し方ですね」。W杯初ゴールを奪うことができなかった大久保は、インタビューで試合を振り返った。

 DF今野泰幸やMF長谷部誠から効果的な縦パスが大久保や2列目の選手に入ると、W杯で一番攻撃的なチームカラーを出すことができた。「みんなで前から行こうと話していたので、前の2試合よりは迫力が出たと思います。今日みたいに中に縦パスを入れてサイドに行くというのが1戦目、2戦目でできていなかった」。

 自分たちの色を出せたけど勝てない。その理由を大久保は分析する。「試合のやり方、(勝ちへの)もっていき方が、日本にはまったくないと3試合で感じました」。コートジボワール戦では先制しながら逃げ切れず、ギリシャ戦では相手が10人になりながらゴールを奪えず、コロンビア戦では前半終了間際に追いつきながら後半に勢いを失った。試合運びは、3試合すべて相手が上回っていた。

 自分たちが主導権を握るサッカーを掲げた4年間。内容と結果が伴うサッカーで、過去最高の成績を目指したブラジルW杯は、惨敗に終わった。「前回(南アフリカ)大会のメンバーより今のほうが良いと言われていてもこういう戦い方になりますし、前回はベスト16に行きましたし……」。結果が出なかったことに悔しさを隠さなかった。

「4年間のもっていき方が大事」。衝撃的な敗戦で言葉を失う選手が多い中、大久保は日本の次の4年間を見据えていた。