自身初のW杯を振り返るMF香川「自分の実力不足は感じます」

写真拡大

[6.24 ブラジルW杯C組 日本1-4コロンビア クイアバ]

 サポートメンバーとして、南アフリカW杯を戦う日本代表に帯同していたMF香川真司。あれから4年が経ち、ドイツ、イングランドでリーグ優勝を経験した。エースを意味する背番号10を付け、ブラジルW杯に挑んだ香川だったが、個人としてもノーゴール、チームとしてもグループリーグ敗退と、結果を出すことは叶わなかった。

 大会を振り返り、香川は「これで終わってしまって悔しいですし、それ以外言葉が浮かばないです」と唇を噛んだ。最後の試合となったコロンビア戦についても、「結局は1-4で負けましたし、点を取りに行った中で、やはり勝ち切れなかったっていうことがあったり、点を取り切れなかったっていうことに、すごい責任を感じますし、悔しいですね」と重く受け止める。

 これまで欧州CLの舞台にも立ち、世界トップレベルを体感している香川だが、W杯の舞台は初めてだった。何か特別なモノを感じたかと問われると「そういうことは感じなかったですけど、そういうところで結果を残せなかった自分の実力不足、それは感じます」と、自身のプレーを反省した。

 多くの人のサポートを受け、期待を感じていただけに、応えられなかったことには痛恨の思いのようだ。「たくさんのファンの声援であったり、日本からのみんなからの期待っていうのを受けていて…。ただ結果として何も残せなくて、応援してくれたファンには申し訳ないですし、このまま終わっちゃうのも、すごく情けない…。今は、そういう気持ちです」。

 試合を終えたばかりで、まだ整理はついていない。それでも、このあまりに悔しい経験を、この先につなげなければいけないことは、強く自覚する。「自分のキャリアは続きますし、時間はかかるかもしれませんけど、しっかりと受け止めて、次に進むための準備をしたいです」と、この経験を更なる成長につなげることを誓った。