3戦不発…日本代表MF香川真司「結果残せなかったのは自分の実力不足」

写真拡大

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4−1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 試合後、日本代表の香川真司は、以下のようにコメントしている。

――今の心境は?
「これで終わってしまうのは悔しいですし、それ以外、言葉が浮かばないです」

――今日の試合の評価は?
「結局は4−1で負けましたし、点を取りに行った中で、勝ちきれなかったり、点を取りきれなかったというのは責任を感じます。悔しいです」

――初のW杯は?
「たくさんのファンの声援だったり、日本からの期待というのを受けて。ただ、結果として何も残せなくて。応援してくれたファンにはすごく申し訳ないですし、このまま終わっちゃうのも情けないです」

――W杯は違った?
「そういうことは感じなかったですけど、結果を残せなかったというのは自分の実力不足ですし、それは感じます」

――今後は?
「自分のキャリアは続きますし、時間はかかるかもしれないけれど、しっかりと受け止めて、次に進むために準備をしたいと思います」