定年後からが肝心!“お金の長生きリスク”を 回避する資産の取り崩し術を教えます!

写真拡大

一般的なサラリーマンの家庭ではだれでも、収入が増えると支出を増やし、収入が減ると支出を減らすといった具合に、収入と支出のバランスをコントロールしているはずだ。このやり方を定年後の資産運用と組み合わせて、資産の取り崩し方法を上手に使い分ければ100歳まで老後資産を延命させることが可能になるのだ。

まずは老後期間を2つに分けて
資産の取り崩し方法を変えること!

 長生きした結果、資金が枯渇するのは避けたいが、死ぬ時に資産を持ち過ぎていても意味がない。いったい退職後のお金は、どのように使っていけばよいのか。

フィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史さんは、老後の期間を2つのステージに分けて、75歳までの前半は一定の割合でお金を使いながら運用も行ない、75歳以降の後半は一定の金額を使っていくという方法を挙げる。

「退職時に、老後に必要なお金をすべて準備するとなると、非常に多額になってしまいます。ですが、『毎年4%を引き出しながら3%で運用する』といった期間を設けることで資金の減りが緩やかになり、60歳時点で準備すべきお金を減らすことができます」

 老後資金を運用しないで60歳から定額で取り崩す場合に比べて、この方法なら60歳時点で準備する資金を1000万〜2000万円程度は楽に減らすことができるのだ。

運用の結果によって使うお金の
金額を毎年変化させることが大切!

 この取り崩し法で重要になるのが、前半のステージでは必ず「定率」で取り崩すこと。その理由は、収益率のブレによる元本部分の減りを防ぐためだ。

「国内外の株と債券に分散投資すれば、15年間で平均3%の運用は十分可能です。問題は引き出し方です。運用開始時から最初の数年にマイナスが集中した場合、定額で取り崩していると想定以上に元本が減り、その後、収益率が改善しても元本の回復が難しいからです」

 「定率」であれば、収益が落ち込んだ際は引き出し額も減るので、元本が減るリスクをある程度コントロールできる。

 「ただし75歳以降になると、運用結果で引き出し金額が変わることに対応するのも大変です。そこからは100歳の時点で資産がゼロになるよう逆算して『定額』で引き出していきます」

 取り崩し方法を工夫すれば100歳までのお金の確保と、60歳時点での準備資金を減らすことが可能になるのだ。

 ところで今発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では、100歳まで貧乏知らずのお金のワザの特集を掲載、ケータイ・スマホの通信費や保険料、家のコストを減らす裏ワザや食費などの支出を減らす目から鱗の秘密テクまで大公開している。

 また、「誰もが気になる500銘柄の激辛診断」も掲載、業績予想、チャート、割安度などから「売り」「買い」をズバッと判定し、今後3カ月間の予測高値&安値のほかビギナーでもわかりやすい売買アドバイスコメントもついている。プロ20人の日本株予測を参考にしながら、アナタの気になる銘柄の評価をぜひ読んでみて欲しい。上場全3541銘柄の最新理論株価も掲載しており、こちらも売買に役立つはずだ。さらに8・9月に権利確定の桐谷さんの一目惚れ優待株30も大公開。もちろんすべての銘柄に写真と桐谷さんの独自の視点による優待コメントがついている。あわせて、巻頭企画の「ふるさと納税の夏に食べたい特産品ランキング」も必読。ダイヤモンド・ザイ8月号はアマゾンや楽天ブックス(ともに送料無料)のほか、電子書籍(kindle、kobo)、全国の書店にて好評発売中。

 さらに、バックナンバーのダイヤモンド・ザイ7月号も、NISAでの買いにもってこいの買っていい×買ってはいけない高配当株123銘柄一発判定の特集に「株主総会みやげベスト39」のほか、大人気の小冊子「ふるさと納税特産品ランキングベスト71」(テレビでも紹介されました)もついて、アマゾンと楽天ブックスのみで好評発売中。残りわずかなのでお早めに。