修復後、世界初公開となるモネの大作も!世田谷区美術館で「華麗なるジャポニスム展」

写真拡大

近年、フランスをはじめヨーロッパで流行している、日本の漫画やアニメ。そのブームのルーツは、100年前の「ジャポニスム」にあったのかも!

19世紀後半から20世紀の初頭にかけて、西洋で大流行した日本美術は、その大胆な構図や色使い、独特の装飾などで、西洋の美意識に変革をもたらし、「ジャポニスム」と呼ばれるように。そして特に、印象派の画家たちを魅了した日本の「美」は、当時のアートシーンに大きな影響を与えたとか。

6月28日(土)から9月15日(月・祝)まで、世田谷美術館では「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展―印象派を魅了した日本の美」を開催。会場では、初期のジャポニスムを代表するクロード・モネの大作《ラ・ジャポネーズ》をはじめ、ボストン美術館の収蔵品の中から選び抜かれた絵画、版画、素描、写真、工芸など、約150点が集結! 西洋の芸術家たちが、日本の美と出会ってなにを感じ、なにを学んだのか、そしてどんな「新たな美」を創造したのかを、さまざまな角度から検証。そのプロセスが垣間見える展示に。

「オススメの鑑賞ポイントは2点あります。ひとつ目は、浮世絵や日本の工芸などが西洋の芸術家に与えた影響を見ていただきたいこと。また、1年に及ぶ修復を経た《ラ・ジャポネーズ》が世界に先駆けて日本で公開されることです」と、広報担当の高橋さん。

モネの《ラ・ジャポネーズ》は、当時大流行した扇子や団扇、着物、ゴザなど、日本の小物が満載の作品。2013年2月からその修復プロジェクトを始めたボストン美術館では、完成したばかりの作品を、今回世界初公開!

マネ、ドガ、ゴッホなどの作品とともに、着想の元となった日本の作品を見れば、彼らがいかに日本の「美」を愛したかが、きっとわかるはず♪