W杯ブラジル大会の日本の2戦目、ギリシャ戦は日本らしさが垣間見える試合だった(6月20日、日本0−0ギリシャ)。コートジボワール戦に比べれば、選手は距離感をコンパクトに保ち、パスを回して主導権を握ることができた。日本がこれまで培ってきたサッカーを表現できていたといえる。

 ただし、自分たちのスタイルにこだわりすぎたようにも思う。コートジボワール戦で「日本らしさ」であるパスワークをほとんど出せなかったこともあって、パスを回すことにとらわれすぎている印象だった。

 そもそも、なんのためにパスをつなぐのか。それはボールを回して相手守備陣に揺さぶりをかけ、ペナルティエリアに侵入してシュートを打つためだ。しかし、ギリシャ戦はペナルティエリア内でシュートを打てたのは、大久保嘉人と内田篤人くらいで、2、3回しかなかった。それ以外はほとんどがペナルティエリアの外からのシュートだった。

 サッカーの目的はゴールを奪うことであって、パスを回すことではない。相手DFからすれば、タテに速い攻撃とじっくりパスを回す攻撃を使い分けられたら嫌なもの。そう考えると、ボールを奪ってからタテに速い攻撃を仕掛けるやり方があってもよかったのではないか。

 また、両サイドバックが攻め上がっても単調なクロスを放り込むだけになっていたことも大きな問題点だろう。タッチライン近くから中央に入れても、日本の前線には、中央に体格の大きな屈強な選手はいないので、長身のギリシャDFに競り勝つのは難しかった。

 ギリシャのように守備の堅い相手を崩すのは容易なことではない。しかも、相手は退場によってひとり少なくなったため、引き分け狙いに切り替えてさらに守りを固めていた。

 ゴール前を固めた相手に対しては、サイド攻撃が有効であることは間違いない。ただし、単にサイドから中央にクロスを入れるということではなく、中央にくさびのボールを入れて、相手DFを中央に集結させてから、サイドに展開する。それを何度も繰り返すことで、相手の両SBが中央寄りにポジションを取るようになるため、サイドにスペースが生まれる。そのスペースを突くことが重要になる。

 実際、ギリシャ戦でザッケローニ監督は、左右にワイドに広げろとジェスチャーで選手に指示を出していた。

 何度か、日本がギリシャのDFラインを中央に集結させることに成功したシーンもあった。そのとき、香川真司がDFラインを斜めに越えるパスを出して、右の内田がギリシャの左SBの裏のスペースのペナルティエリアに侵入してチャンスをつくっていた。

 DFからすれば斜め前方からのボールは自分の後方へのケアがしにくく、攻撃側からするとそこに走り込みやすい。ピンポイントで合わせられれば、大きなチャンスになる。ただ、DFラインがワイドに広がったままでは、スペースがないので、そのときは、パスを回しながら中央で縦パスを入れるかドリブル突破するタイミングをうかがい、相手のDFラインをゴール前に集結させるように判断を切り替えていくべきだろう。

 もちろん、相手の意識を中央に集中させるために、中央へ縦パスを入れるのはボールを奪われるリスクを伴う。そして、ボールを奪われるとカウンター攻撃を受ける危険性がある。だが、その縦パスを入れるタイミングを図るためにパスを散らしているのだから、攻撃のリズムに変化をつけて、中央にパスを入れるために、もっとスピードアップする局面をつくるべきだった。

 2戦を終えて1分け1敗と不本意な結果ではあるものの、日本はグループリーグ突破の可能性を残している。最終戦でギリシャがコートジボワールに引き分け以上の結果を出し、日本がコロンビアに勝って、勝ち点でギリシャかコートジボワールと並んだときは、得失点差で上回れば、決勝トーナメントに進める。

 すでにグループリーグ突破を決めているコロンビアが、決勝トーナメントをにらんでメンバーを落としてくる可能性もあるが、コロンビアはベストメンバーで臨んでくるのではないかと私は予想している。

 決勝トーナメント1回戦でC組1位はD組2位と、C組2位はD組1位との戦いになる。2戦を終えてD組の首位はコスタリカ、2位がイタリアだが、日程的に先に戦うC組のコロンビアが、後で行なわれる試合の結果を考えるとは、あまり思えない。

 スタメンを入れ替えるとしたら、累積警告2枚になると次戦出場停止となるため、2戦目までにイエローカードを1枚もらっている選手を控えに回す可能性があるくらいだろう。そのため、ボランチのサンチェスは出場しない可能性が高い。だが、ハメス・ロドリゲス、グアルダード、グティエレスら主力は出てくるはずで、かなりの警戒が必要になる。

 日本代表は4年間の総決算として、コロンビア戦も主導権を握る戦いを目指してほしい。もちろん日本のことは研究されているだろうし、今までどおりのことをやるだけでは勝てない。自分たちの力を120%発揮して、90分間ミスなくやる。難しいミッションだが、それができて初めて勝利をつかむことができると思う。

 コロンビア代表は強い。彼らは引いて守ることもできるし、前からの連動したプレスもできる。ポゼッションサッカーも、カウンターサッカーもできる。コンビネーションもあるし、個の力もある。状況に応じていろいろなスタイルで戦うことができる、すべてを兼ね備えたチームだ。

 さらに、ブラジルで行なわれている大会のため、隣国であるコロンビアから大勢のサポーターが詰めかけて、ホーム同然の雰囲気で戦えている。サポーターの後押しが、選手たちに力を与えている。

 そうした雰囲気のなかで日本が勝利するには、総力戦で戦わなくてはならない。ボールも人も動くサッカーで、チャンスでは怖れずに縦パスを入れ、ゴールを目指してスピードアップをはかる。ただし、パスのクオリティが低いとカットされて一瞬で逆襲をくらう。コロンビアのカウンターは速く、ふたり目、3人目の選手も絡んでくるだけに、止めるのは容易ではない。何度かカウンターでピンチを迎えるだろうが、そこをしのいで、点を奪いにいってほしい。

 失点をしても、下を向く必要はない。今大会はお互いに攻め合う展開になって、ゴールを取り合う試合が多い。失点してもあきらめずに、ゴールを目指して攻撃的に行ってほしい。日本は、まだ世界を驚かすサッカーができていない。このコロンビア戦で、世界中をあっと言わせる結果を残してくれることを願っている。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro