6月19日から東京の辰巳国際水泳場で開催されたジャパンオープン2014。最終日の22日、女子100mバタフライA決勝で8位に終わった渡部香生子は、「メッチャきつかったです」と言って笑みを浮かべた。

 渡部がきつかったと話した理由は、6月7日から15日まで、モナコとカネ(フランス)、バルセロナ(スペイン)で開催されたヨーロッパGP3連戦に出場した直後だったからだ。

 100m平泳ぎで2勝して200m平泳ぎは1位と2位。200m個人メドレーも2位2回と、ヨーロッパGP3連戦の総合ランキングで3位になって帰国したばかりだった渡部。中1日というハードスケジュールで臨んだジャパンオープンでは、専門の平泳ぎだけでなく、自由形と背泳ぎとバタフライを含めた4種目の100mに出場し、背泳ぎの以外はすべてA決勝進出という結果を出した。

 まさに、個人メドレーを4日間に分けて泳いだような試合。指導する竹村吉昭コーチは「時差ボケはあったみたいですよ、眠いと言っていましたから。帰国した日は夜9時半から朝の8時半まで眠ったそうです」と笑う。

 だが渡部は今大会後、「疲れはそんなに無かったですね。今回のレースはしっかりと(今後の)200m個人メドレーにつながると思うから、いいトレーニングになった。かなり充実した大会になったと思います」と話した。

 そんな感想を口にする渡部にとって、大きな自信になったのが初日の100m平泳ぎだった。

 彼女の中で最も自信があるのが200m平泳ぎで次が200m個人メドレー。その次の3番目と位置づける100m平泳ぎだが、今年4月の日本選手権を1分06秒32(高校新)で初制覇したのに続き、今大会、第一人者の鈴木聡美(ロンドン五輪200mで銀・100mで銅メダリスト)を抑えて、1分05秒88の日本新記録を叩き出したからだ。

 レース展開も完璧だった。1分07秒17のトップタイムで通過した予選では「少し体が立っていた」と修正。スタートの浮き上がりから力みのない泳ぎで加速すると、隣のレーンの鈴木より先行して50mは0秒16差をつける31秒41で折り返し。そこからも泳ぎを乱すことなく一気に突き放し、後半も34秒47でカバー。鈴木が09年にマークした日本記録を0秒44更新したのだ。

 この"1分05秒88"の記録は昨年の世界ランキング4位に相当し、今年のランキングだと、世界記録保持者のルタ・メイルティテ(リトアニア)に次ぐ2位の記録。

 竹村コーチが「最初の25m通過で『これは速いな、今までにないタイムだな』と思ったら、50mも速かったし75mも速かったし、100mも速かったんで。『行っちゃったな』という感じですね」と笑うほどだ。

 渡部も「自分の中では日本選手権と同じ、1分6秒中盤くらいがでればいいと思っていた。まさか5秒台までいくとは思っていなかったのでびっくりしました」と驚く。

「去年より安定した練習ができているのが自信になっているし、ここまで練習でも泳ぎの調子が良いままでこれたので。100mも今まで記録が出ていないときはシャカシャカして小さく泳いでいたけど、最近はストロークを大きくしてもテンポを速くして泳ぐというのがうまくできている」(渡部)

 また渡部は、代表選考がかかる日本選手権は緊張するが、今回はヨーロッパGPの連戦でレース感覚を磨けた上、リラックスして泳げたのが好記録の要因ではないかとも分析する。

「去年のヨーロッパGPは風邪をひいて戻ってきたけど、今年は出る前に少し体調が悪かったのに向こうで戻して帰って来たから、体力がついたのは確かですね。練習は目標がその日によって違うから、それをしっかりやり切って1日1日を大事にして積み上げようと言ってやってきただけです。腕と足の全体をうまく使えるようになっていると思うけど、本当は8月のパンパシフィック選手権くらいで5秒台の日本記録を出したいなという気持ちでいたので。僕が考えるパワーにはまだいってないけど、それでもああやって5秒台を出せるのはすごい能力だと思いますね」

 竹村コーチはこう話すが、この5秒台で得意とする平泳ぎ200mへの期待が膨らんできたのも確かだ。渡部自身も「ヨーロッパから帰国したばかりの状態で、苦手意識を持っていた100mで鈴木さんと泳いでこのタイムを出せたというのは、今後に向けてもいい経験と自信になった。パンパシフィック選手権や9月のアジア大会へ向けてはすごくいい状況だと思う。200mを次に泳ぐ時は、日本記録(2分20秒72)の更新を視野に入れていきたい」と話す。

「彼女の場合は集中力の高さもあるから、試合の方が練習より遥かにパフォーマンスも良くなる。その点ではヨーロッパGPもいい練習になったと思う」と竹村コーチは評価するが、9日間でヨーロッパGP3大会では8種目に出場して15回レースを泳ぎ、中1日のジャパンオープンでは8レースをこなすハードスケジュール。それについて本人は「トレーニングの一貫という気持ちで臨んでいるし、夏へ向けてはもっとやらなければいけないと思うが、昔よりは体力的にも成長している実感はある」と振り返った。

 世界の女子平泳ぎのレベルは近年急速に上がり始め、100mは高速水着のころに出た1分4秒台の世界記録を塗り替え、メイルティテが2013年に1分04秒35まで伸ばしている。また200mもロンドン五輪でレベッカ・ソニ(アメリカ)が初めて2分19秒台に入ると、昨年はリッケ・ペダーセン(デンマーク)とユリア・エフィモワ(ロシア)がそれを上回り、世界記録はペダーセンの2分19秒11になっている。

 100mで4秒台が見えるようになって世界のトップまであと一歩と迫った渡部が、200mで2分20秒台、19秒台へ踏み込むのは時間の問題だ。世界の進化の流れに乗るための準備は、着々と整い始めた。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi