スマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)などモバイル機器の急速な普及によって、個人向けパソコンの需要が落ち込んでいる。

 6月23日に電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した5月の国内パソコン出荷台数は、前年同月比23.2%増の87万5000台で、5月の過去最高を叩き出したという。内訳を見ると、デスクトップが9.8%増の24万2000台、ノートパソコンは29.3%増の63万3000台だった。

 だが、この数字を額面通りに評価するわけにはいかない。

 いまパソコンが売れているのは、米マイクロソフトが4月に基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」のサポートを終了したことによる買い替え特需が一時的に続いているだけ。その証拠に、今年1年を通してみるとパソコン出荷台数は反動減を加味して昨年より大幅に減るとの予測も出ている。

 さらに、皮肉なことに買い替えが進んでも、「仕事で使わざるを得ないユーザー以外は、パソコンに対するマインドは下がる一方」と指摘する向きもある。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏がいう。

「新OSの『ウィンドウズ8』はタッチパネルに対応したタイル型のUI(ユーザーインターフェイス)が売りですが、XPやVista、7を長い間使っていたユーザーにとっては、あまりにも仕様が変わりすぎて触るたびに違和感がある。

 そんないつまでも慣れないウィンドウズPCを使うくらいなら、スマホやタブレットで十分事は足りると考えている人が多いのです」

 事実、ユーザー側のパソコンの利用頻度は低くなるばかりだ。

「XPのサポート終了で仕方なくノートパソコンを買い替えましたが、日頃ニュースや動画を見たり、簡単なショッピングをしたりするのもスマホで完結してしまっているので、家でパソコンを開く回数がめっきり減ってしまいました」(40代会社員)

 携帯端末で買い物の決済までしてしまうことに抵抗のある人もいるだろうが、そうした意識も薄れつつあるようだ。

 ある大手ネット証券首脳はこんなデータを示す。

「いま、若い人はパソコンを買わず、ネット証券市場の4〜5割、FX(外国為替証拠金取引)に至っては半数以上の顧客がスマホ経由での投資スタイルになっています。あと3年もすれば国内株の半分はスマホやタブレットで取引する時代になるかもしれません」

 もちろん、パソコンメーカーもウィンドウズ8のタッチパネル機能を活かし、画面を倒したりキーボードを切り離したりしてタブレットとしても使えるノートパソコンの新型モデルを続々と販売しているが、ユーザーの満足度は必ずしも高くない。

「ウィンドウズ自体がタッチで何でも操作できるようには作られていませんし、タッチに特化したアプリも多くありません。だから、デスクトップアプリをわざわざインストールしなければならなかったり、専用ペンが必要だったりと、結局、どっちつかずのモデルになってしまっているのです。

 新型モデルの中にはノートパソコンとしてもタブレットとしてもしっかり使える魅力的な商品もあります。薄型で重さも1kg台と軽量化していますしね。その軽さにはビックリしますが、値段も20万円以上と驚きです。『アンドロイドOS』のタブレットが2万円前後で買えることを考えると、そこまでお金を出して幅広い用途のパソコンが必要なのかという選択肢にもなってくるでしょうね」(前出・安蔵氏)

 こうしてみると、キーボードを使った長い文書作成や莫大なデータ保管などが必要な法人用を除き、パソコンは次第にモバイル機器や高速通信端末に収れんされていくのかもしれない。

「音声入力機能の高度化や、人の動きに対応して反応するウェアラブル機器の開発も目覚ましい中、今後はキーボードやマウスがなければコンピューターを使えないという人も減ってくると思います」(安蔵氏)

“パソコン離れ”を衰退と捉えるべきか、形を変えた進化と捉えるべきか――。使い勝手の善し悪しを含め、慎重に見極めていく必要がありそうだ。