●九校戦編

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会
<キャスト>
司波達也:中村悠一
司波深雪:早見沙織
千葉エリカ:内山夕実
西城レオンハルト:寺島拓篤
柴田美月:佐藤聡美
吉田幹比古:田丸篤志
光井ほのか:雨宮天
北山雫:巽悠衣子
渡辺摩利:井上麻里奈
服部刑部少丞範蔵:木村良平
十文字克人:諏訪部順一
七草真由美:花澤香菜
市原鈴音:中原麻衣
中条あずさ:小笠原早紀
九重 八雲:置鮎龍太郎
森崎駿:大原崇
壬生紗耶香:戸松遥
桐原武明:杉田智和
小野 遥:丹下桜
司 甲:加藤将之

●ストーリー
魔法。それが伝説や御伽話の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。
そして、春。
今年も新入生の季節が訪れた。
国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ブルーム)、『雑草』(ウィード)と呼ばれていた。
そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。
兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。
妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。
二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。
●オープニング
司波達也「じゃ、はじめるか。」
吉田幹比古「了解!」


深夜、競技のための調整をしている2人。自然と熱が入っているようです。
●魔法干渉
スピードボード準決勝、渡辺摩利も勿論進出。途中まで順調に進行していたのですが、何故か彼女は突然場外に落ちてしまい失格となります。

その理由は他校の走路妨害を回避するためだったのですが…。

七草真由美「全治一週間。しばらく激しい運動は禁止ね。」
渡辺摩利「そうですか…。」


※但し、今回の一連の事故。第三者による魔法干渉が入ったもののようです。

その解析をする司波達也、柴田美月と吉田幹比古を呼び、

司波達也「水中に人間以外の何者かが潜んで魔法を発動させたと推定されるが…。」

吉田幹比古は精霊魔法に精通しており、柴田美月は魔法感受性が極めて高いため、解析の協力をするも…。

司波達也「大会委員の中に今回の犯人がいる!」
●新人戦
七草真由美「我が校が優勝するには、残りの2種目で優勝する必要があります。そのため…。」

ミラージュバット。司波深雪は新人戦を欠場して、渡辺摩利の代役として出場する事になります。

※なお、光井ほのかや北山雫は新人戦に出場!

スピードシューティングに出場する北山雫。司波達也の絶妙な調整が効いて絶好調の様子。

※予選は無事通過。

北山雫「他の2人は勝ったんだよね。後は私の番。」

新人戦も盛り上がる「魔法科高校の劣等生」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第11話「九校戦開幕!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第10話「懇親会」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第9話「飛行実験」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第8話「能力を評価するということ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第7話「男は度胸!なんでもためしてみるのさ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「魔法科高校の劣等生」TVアニメ公式Webサイト
「魔法科高校の劣等生」AT-X公式Webサイト