●大切な友達。

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©葉月抹茶・スクウェアエニックス/「一週間フレンズ。」製作委員会
<キャスト>
長谷祐樹:山谷祥生
藤宮香織:雨宮 天
桐生将吾:細谷佳正
山岸沙希:大久保瑠美
藤宮志穂:中原麻衣
井上潤:間島淳司
芹沢舞子:角元明日香
西村藍:田辺留依
九条一:浅沼晋太郎

●ストーリー
僕らは一週間を繰り返す。
何度も、何度でも―。

高校二年生の長谷祐樹は、普段から人と関わろうとせず、いつもひとりでいるクラスメイト、藤宮香織と友達になりたいと思い、彼女に話しかける。だが、彼女は「私、友達の記憶…一週間で消えちゃうの…」とそれを拒む。
少年との思い出を失い続ける少女と、その思い出をひとつひとつ紡ぎあげていく少年―。
たくさんの“切なさ”と“ひたむきさ”が詰まった、珠玉のストーリー。
●オープニング
藤宮香織「私、長谷くんを怒らせるような事、何かしちゃったのかな?長谷くんに避けられる理由が分からない…。」
桐生将吾「本人から直接聞いた方が良いと思うけど。」
藤宮香織「聞いても答えてくれないと思う。」


長谷祐樹が彼女を避けている理由、それはかつて九条一が藤宮香織と仲の良い友達だったのにその記憶が全て無くなる事を恐れているため。

もちろん、長谷祐樹もそれが最善では無い事が分かっているのですが…。
●ぎくしゃくした関係
藤宮香織「おはよう、長谷くん。」
長谷祐樹「おはよう。」
藤宮香織「おはよう、九条くん。」

九条一「おはよう。」
長谷祐樹「おはよう、一限目から古典ってきついよね。」
九条一「ああ。」

一見すると何気ない会話ながらどこかぎくしゃくしている感があります。

そんなとき、冬休み前の大掃除の時間。長谷祐樹と藤宮香織の班は屋上の掃除。

桐生将吾「藤宮の様子、どうだ?」
山岸沙希「楽しそうにしてるけど、何か無理してる。」

桐生将吾「ところで何故お前は俺を避けている?」

彼にとって彼女との関係の方がより深刻なようです。但し、これは彼女の一方的な思い込みによるもの。彼が謝ると、彼女はあっさり笑顔を取り戻します。

しかし、長谷祐樹と藤宮香織の関係性は…。
●なんの偶然か、あるいは必然か。
冬休み、友達から遊びに行く事を誘われた藤宮香織。しかし、

藤宮香織「私、家族と旅行へ行く事になってるから。」
長谷祐樹「俺も家族と旅行に…。」
桐生将吾「お前の家、そういう家だったっけ?」


2人とも旅行に出る予定が無いのに嘘をついてまで互いに距離を置こうとします。

大晦日、長谷祐樹はあても無く散歩に出掛けます。しかし、

藤宮香織「長谷くん?」

※彼女も散歩のようです。

長谷祐樹「藤宮さんと会えるとは思わなかったな…。」
藤宮香織「私ももしかしたら長谷くんと会えると思って!」


なんの偶然か、あるいは必然か。ともかく出会った2人。

そして駅前まで出ると、例のクレープ店が!

長谷祐樹「もう帰ろうか。」
藤宮香織「私、クレープ食べたい!」


遂に2人は念願のクレープを食べる事に!

2人の間にあったぎくしゃくした関係。漸く修復されたようです。
●友達になって下さい!
藤宮香織「少し早いけど、この神社で初詣していこうよ!」

神社に参拝した2人、そこで彼女は涙ぐみながら、

藤宮香織「私、長谷くんとの記憶、忘れたくない!」

彼女が彼と距離を置いていたのは、彼との記憶の事を忘れたくないから。彼も彼女とずっと友達でいたい。それだけの事を考え過ぎていた2人。

仮に彼女が彼との記憶を忘れたとしても、また新しい思い出を作れば良い。だから彼等は繰り返すのです、何度でも何度でも…。

長谷祐樹、藤宮香織「友達になって下さい!」

「一週間フレンズ。」、今回で終了です。

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「一週間フレンズ。」第11話「藤宮香織、記憶を無くした理由」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第10話「振り出しへ戻った記憶」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第9話「忘れない友達」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第8話「長谷くん、あのね…。好きだよ!花火。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第7話「私、長谷くんの事、好きだよ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「一週間フレンズ。」TVアニメ公式Webサイト
「一週間フレンズ。」AT-X公式Webサイト