●オツキミリサイタル

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©KAGEROU PROJECT/1stPLACE
©じん/1stPLACE・メカクシ団アニメ製作部
<キャスト>
シンタロー(如月 伸太郎):寺島拓篤
エネ(榎本 貴音):阿澄佳奈
マリー(小桜 茉莉):花澤香菜
キド(木戸 つぼみ):甲斐田裕子
コノハ(九ノ瀬 遥):宮野真守
モモ(如月 桃):柏山奈々美
カノ(鹿野 修哉):立花慎之介
ヒビヤ(雨宮 響也):富樫美鈴
セト(瀬戸 幸助):保志総一朗
アヤノ(楯山 文乃):中原麻衣
ヒヨリ(朝比奈 日和):小岩井ことり
ケンジロウ(楯山 研次朗):藤原啓治
アヤカ(楯山 彩花):兵藤まこ
アザミ(薊、あざみ):新井里美
シオン(小桜 紫苑): 岡村明美

●ストーリー
不思議な「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のメンバーが、巻き起こる事件の謎を解いていく群像劇。
●オープニング
シンタロー「何だよ、これ。何なんだよ、この記憶。」

彼の「目に焼き付ける能力」、それによって彼自身も認識していない記憶が存在しているわけですが…。
●ヒビヤ、メカクシ団に入る!
ヒビヤ「もう、ついてこないでよ、おばさん!」
モモ「おばさんじゃないって、言ってるでしょうか!」


キドとモモから逃げるヒビヤ。彼は交通事故で死亡するヒヨリの運命を変えようとしているのですが…。

キド「今はその方法が分からないだけで…。」
ヒビヤ「同じじゃないか!」


そんな彼らを追いかける集団が…。
●楯山文乃の死
ここから過去の話。

楯山文乃が母・楯山彩花が死亡してから、父・楯山研次朗の様子がおかしくなった事に気付きます。それが蛇によるものだと認識したわけですが…。

楯山文乃「蛇が集まらなかったら、お父さんの願いが叶わないわけよね。」

そこで彼女の取った最終決断は、投身自殺!

これによって蛇が集まらなくなり、楯山研次朗の目的は達成出来なくなったはず。しかし、

楯山研次朗「また最初からやり直せば良い。」

彼が取った行動は楯山文乃のクローン人間を作り出す事。それが出来るかどうかは別にして。

その後、

鹿野修哉「今日からつぼみは団長!」

成り行き上、木戸つぼみが団長となって何となく出来た秘密組織。と言うには御粗末ながらも一応形になりつつあります。
●モモ、オツキミリサイタル!
ヒビヤ「ここから出せよ!」

彼はキドとモモとともに先ほどの怪しい集団に監禁されてしまいます。

モモ「ヒビヤ、その子の事好きなの?」
ヒビヤ「な、何!突然!」

モモ「それじゃ早く出なきゃね!」

キドが目を隠し、その隙にモモが歌う。それで助けを呼ぼうとする作戦。

※流石現役アイドル!

おかげでメカクシ団が集結し、彼女達は解放されたのでした。

「メカクシティアクターズ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第10話「マリー」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第9話「蛇」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第8話「覚醒の秘密」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第7話「榎本 貴音の死亡、エネの誕生」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第6話「閃光のエネ」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「メカクシティアクターズ」TVアニメ公式Webサイト
「メカクシティアクターズ」AT-X公式Webサイト