小宮良之のブラジル蹴球紀行(7)

 ナタウの空港に到着し、市内へ向かう。毒々しいほど赤茶けた大地と町全体を焼き尽くすような橙(だいだい)色の太陽と雄大で野蛮さを強く匂わせる海。そこは開拓者が入るまで、紛(まご)うことなき野性の大陸だったのだろう。

 大陸の奥は深い。

 開幕以来、サンパウロ、サルバドール、レシフェといくつか都市を廻ったが、どこの町も違った顔をしていた。「ブラジル蹴球紀行」という連載タイトルにもかかわらず、ブラジルという国は、語るにはあまりに広大すぎ、自分の感性と筆力の乏しさに無力さを感じる。

 ただ、ブラジル人という点で言えば、一つ共通しているのは物事の事務処理能力、効率性が著しく低いことだ。空港のカウンター、インフォメーションデスク、ホテルのレセプション、タクシードライバー......何をするのも仕事が遅い。何をどうしたらそれほど時間がかかるのか、移動の毎日だとうんざりする。

 そこで注意深く観察していると、どうやら窓口の人間がその仕事を覚えていない。隣の係や別の人間に聞く。日本のように教育係のような人もいないのだろう。結局は仕事を習得している人が少なく、知っている人のところに群がる......玉突き事故が起きた交通渋滞のような現象が起きてしまうのだ。

 こうなると、こちらは打つ手なし。

「日本はなんでも能率主義で退屈だ。もっと人と人の人情を大切に、だな」なんてぼやく人は、ブラジルに住めばいい。きっと天国気分が味わえるはずだ。なぜなら、ブラジル人は本質的に陽気で大らかで無垢。欧州では自分の非を認めない人が多いが、ブラジル人はとりあえず申し訳なさそうな顔もする。人情満載。ホテルのドアマンなんて甘やかな笑顔すら浮かべる。

 しかし、とにかく不便だ。

 おそらく、プロフェッショナリズムという感覚が欠落している。目の前に起こったことについて、どうにかしようとする思いは強い。ところが、無知であることを恥じ、できなかったことを学習し、スキルアップする、という発想がない。仕事を極める、というプロセスで悟りを開き、生きる意味を見つける、なんて彼らは笑い出すだろう。某テレビ局の人気番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』など、不思議に感じるに違いない。

 ブラジル人は日本人とは違った次元で生きている。仕事を生きる、という部分はない。人生を生きる、という感覚が滅法強く、思い通りにならないのが人生さ、くらいに開き直り、結果的に「不都合、不便上等!」という寛大さを身につけるのだ。

 そこで筆者ははたと膝を打つ。

 思い通りにならない国で生きてきたブラジル人だからこそ、世界中のどこに行っても、順応することができるのだ、と。欧州や南米は言うに及ばず、厳寒のロシアだろうと、酷暑の中東であろうと、言葉も文化も違うアジアだろうと、彼らは、いつものことさ、と平気でいられる。不満はあっても、人生はそもそも理不尽なもの、という割り切りがあるのだ。

 これは無敵の精神力ではないだろうか。

「多くのブラジル人選手は順応性に優れているね。お金にうるさいし、文句はいろいろ言うんだけど、基本的には鷹揚(おうよう)で陽気で前向き。それは外国人選手が異国で成功するには必要な条件なんだよ」

 かつてマウロ・シルバ、ジャウミーニャ、ドナトらブラジル人選手を擁して一世を風靡したデポルティボ・ラコルーニャの強化関係者が説明していたことがある。クラブチームだけではなく、ブラジル人選手は各国の代表選手に選ばれている。今大会のクロアチアは帰化選手が二人、他にもスペイン、ポルトガルなど枚挙にいとまがない。日本も過去4回のW杯では、ブラジル人帰化選手がいた。

 適応力。

 それは言い換えれば、鈍感力と言えるかもしれない。一つのことに縛られず、こだわらず、大局を見て、歩みを進める。そう考えると、自分がちっちゃいことを気にする日本人だな、と思いがけず落ち込む。

 とは言え、自分が日本人であることからはどうあっても逃れられないし、逃れたいとも思わないのである。

 こんなことがあった。開幕戦から毎日のように移動を続けるフォトグラファーと二人、空港で荷物が出てくるのを疲労困憊で待っていた。そこに、偶然にも二人のスーツケースがことことと並んで出てきた。その様子が妙に愛らしくて、おかしさを覚え、筆者は少しだけ元気になった。それは"わびさび"の一種というか、とっても日本人的な感覚である。そこで微笑をこぼした自分に、筆者は安心するのだ。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki