「ウインブルドンと言えば、フェデラーですね。フェデラーが強いというイメージがあります」

 錦織圭がそう答えたのは、2年前のことだった。

 フェデラーのイメージと言えば、ウインブルドン......ではない。「ウインブルドンのイメージや印象は?」と尋ねた際の回答が、「フェデラー」だったのだ。常々、「フェデラーが憧(あこが)れであり、尊敬する選手」と公言していた錦織ではあるが、ウインブルドン7回の優勝を誇る芝の王者への畏敬の念は、かくも大きなものであった。

 そのフェデラーと錦織は、ウインブルドンの前哨戦となるゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ・ハレ)の準決勝で、初めて芝の上で相対した。これまで両者の対戦は3回あるが、コートの内訳はインドアハード、クレー(土)、そしてハードであった。勝率は、錦織の2勝1敗。唯一の敗戦は、球足が速いバーゼル大会(スイス)のインドアハードで喫したものだ。まだ、錦織が世界ランキング40位台後半だった、2年8カ月前の話である。

 このバーゼル大会でのフェデラー戦、そして錦織の現コーチであるマイケル・チャンという役者がそろった時、思い出されることがある。それは2011年末に、錦織とチャンが行なった対談での一幕。フェデラーに完敗を喫した衝撃を打ち明ける錦織に対し、チャンは険しい表情を見せ、重々しく次のような言葉を伝えた。

「君はバーゼルで、大きなミスを犯した。それは、フェデラーとの決勝を前にして、『フェデラーは僕の憧れだから、対戦できるのがすごく嬉しい』と言ったことだ。コートの外で尊敬するのは構わない。だが、ひとたびコートに立ったら、相手が誰であろうと、『お前は、俺の優勝の邪魔をする存在だ』というメンタリティでなくてはいけない。過去の実績などは、これから起きる試合には関係のないことだ」

 やがて、ふたりが師弟としてトップ10入りを果たすことなどは、まだ当人たちも知る由(よし)もない日のことである。

 そのチャンが見守る中、先週のハレ大会で錦織は、フェデラーと対戦した。それも相手の城である「芝のコート」での戦いである。

 2年前の対談での内容を踏まえ、今回チャンから授けられた、特別なアドバイスはあっただろうか?

 錦織が答える。

「あまり、特別にはなかったですね。たぶん彼も僕自身も、『試合をやりに行くだけの相手』という感覚は、もうなくなっていますから」

 フェデラーが特別な存在という時期は、もはや過去だということだろう。「試合をやりに行くだけの相手はいない」という言葉の意味を、錦織はこう説明する。

「誰とやろうと、勝ちにいく気持ちで向かえています。勝てるチャンスはあるし、自分もそういう認識が頭でできています」。

 精神面で言えば、それが今年に入り最も大きく変わった点だと言う。

「以前は、格上の選手とやるときは構えてしまったり、勝ちを信じる気持と疑う気持ちが50-50(フィフティ・フィフティ)というか......100%勝ちに行くと言う想いがなかなか作れなかったりしました。それが今はまったくないので、そこは変わってきていると思います」。

 冷静な口調で自身の成長を分析する錦織だが、ふっと表情をゆるめて、こうも続けた。

「そのことは、彼(チャン)にも口を酸っぱくして何回も言われているので......だいぶ備わってきましたね、そういうメンタリティが。たまに、1日3回くらい言われたりしますし」

 そう言って、照れと苦みが混じった笑いを浮かべる彼の姿は、先生にお小言を頂戴している生徒のようで、どこか微笑ましいものがあった。

 そのように「100%勝つ」メンタリティで挑んだフェデラーとの準決勝ではあるが、結果から言うと、最後に勝者として勝ち名乗りを受けたのは、フェデラーである。錦織は、芝の特性を生かしサーブでポイントを重ねていったが、試合を通じてわずか2本しか許さなかったブレークポイントをいずれも奪われ、僅差で敗れたのだった。

 ただひとつ加えるなら、先ほど、「フェデラーが勝ち名乗りを受けた」と書いたが、この表現は少々正確性に欠ける。実はこの試合、フェデラーは勝利の瞬間もその事実に気付かず、プレイを継続しようとしたのである。そのため彼は、主審やプレイヤーズボックスに座るコーチたちから、驚きと多少の気恥ずかしさとともに、勝者だと告げられたのだ。

「スコアを数え間違えていたんだ。勝利にはもう1ポイント必要だと思ったら、観客が歓声をあげるし、主審や(錦織)ケイも笑っていた。こんなこと、1000試合以上やってきて、一度も経験のないことだよ」

 そう言って王者の浮かべた照れ笑いこそが、スコア以上に競った激戦の残り香である。

 一方の錦織は、敗戦直後は全身から悔しさを発していた。だが、それでも表情が充実感に満ちていたのは、「去年や一昨年より、格段と良いプレイができている」ことを、芝の上で再確認できたからだろう。それは、芝でのテニスが上達したというよりも、彼のテニスがあらゆるコートに適応できる全能性を備えてきたためである。

「テニスそのものが、去年よりも良いです。サーブも良いし、アグレッシブなプレイができている。芝でやるにあたり、変えなくてはいけないところもあるけれど、元がしっかりしているので、芝であろうとチャンスはあると思っています」

 それが、今シーズン最初の芝の大会となったゲリー・ウェバー・オープンでも、準決勝まで勝ち上がりフェデラーと互角に戦えた要因だ。

 10カ月以上の長丁場に及ぶテニスの年間ツアーにおいて、芝のシーズンが占めるのは、わずかに数週間。その短い季節にテニスプレイヤーたちが情熱を注ぐのは、テニスの世界で最も権威ある大会とされる、ウインブルドン選手権があるからだ。

 フェデラーの強さが鮮烈に焼きついたテニスの聖地の青芝に、錦織は今回、どのような衝撃を上書きしに行くのだろうか?

「(ゲリー・ウェバー・オープンで)3試合やって、しっかり戦えるというのも分かったので、自信を持ってウインブルドンに挑みたいです。今は芝で嫌なところが思い当たらないので、これからもっと違うタイプの選手とやることによって、自分もレベルアップできると思います」

 では、ウインブルドンでの具体的な目標はあるのか――?

 そう問われた錦織は、どう答えるべきか迷ったような笑みを浮かべ、「う〜ん」と軽く唸った後に、恐らくは最も正直に、胸の内を口にした。

「今までで一番、芝でも良いプレイができているので、そりゃあやっぱり今まで以上......昨年の3回戦より上は、最低でも行きたいですね」

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki