遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第10回】

 結成2年目でJプロツアー年間総合優勝を果たし、3年目の今年は他チームから追われる立場となったTeamUKYO。しかし、チームを率いる片山右京の眼差しは、日本だけに留まっていない。今春、本場欧州の強豪チームと戦った片山右京は、チーム全体の力が高まっていることを実感したという。

 7月を目前に控え、サイクルロードレースのシーズンはいよいよ佳境にさしかかる。Jプロツアー(解説ページ参照)は第9戦を終えて、選手ランキングではTeamUKYOのリカルド・ガルシアが依然として首位の座をキープしている。チーム部門でも、TeamUKYOは宇都宮ブリッツェンと2強状態で、激しい首位争いが続く。

 UCIアジアツアーには、4月のツール・ド・フィリピン、5月のツアー・オブ・ジャパンとツール・ド・熊野、そして6月17日から22日まで行なわれたツアー・オブ・イランに参戦した。ツアー・オブ・イランでは初日のステージで窪木一茂が3位に入り、2日目には個人総合2位に浮上。続くステージでもさらなる活躍を期待させたが、4日目に関係者車輌との接触が原因で落車し、負傷。残念ながら以後のステージはリタイアを余儀なくされたが、高い資質と可能性は存分に披露したといえるだろう。レースは、土井雪広が総合10位、TeamUKYOはイラン勢に割って入りチーム総合5位を獲得した。

 ここまでのJプロツアーやUCIアジアツアーレースの結果と内容について、チームを率いる片山右京は、「まずまずの戦いぶりだった」と振り返る。

「目標よりは少し出遅れた感はあるものの、総じて悪くないと思います。ここからがホントの意味での巻き返しですね。開幕前には、『今年のJプロツアーは勝って、勝って、勝ちまくる。容赦ないくらいの強さを発揮する』と宣言しましたが、個人ランキングでは首位を維持できているし、チームランキングでも(宇都宮)ブリッツェンとごくわずかなポイント差だから、次のレースで逆転できるでしょう」

 UCIのアジアランキングでも、TeamUKYOは日本勢で、ヴィーニ・ファンティーニ・NIPPO・デローザ、愛三工業レーシングチーム、ブリヂストン・アンカーに次ぐ4番手につけている。各チームは参戦するUCIレースがそれぞれ異なるために、シーズン中の順位は絶えず変動する。

「熊野の終了後、TeamUKYOはブリヂストン・アンカーを抜いて、アジアツアーのランキングで日本勢の3位になった。(その後、再びブリヂストンには抜かれたが)イランが終わったら再び逆転して上位に立てると思うし、愛三やNIPPOとの差もこれからどんどん縮めていくことができると思う。今年の目標は、日本勢のトップでアジアツアー全体でも総合5位以内に入ること(現在25位)。秋のジャパンカップまでには、その位置につけていたいですね。7月以降はヨーロッパ遠征が控えているし、来年に向けた選手のリストアップや、欧州で活動していくための拠点づくりなど、やるべきことが山積み。てんやわんやの状態ですが、(開幕前に立てた目標と比べると)順風満帆ではないにしても、ギリギリセーフの許容範囲内には入っていると思います」

 5月と6月に参戦した上記のUCIレースでは、本場欧州のプロツアーチームやプロコンチネンタルチーム、また他国の強豪コンチネンタルチームを相手に戦った。勝つことはできなかったが、彼らを相手に戦ったことで、自分たちにはないものを目の当たりにできた、と片山は話す。

「世界レベルの彼らと比べると、ぼくたちはまだ小学生の運動会レベルだと実感しました。『楽しかった』というとポジティブすぎるかもしれないけれど、早い時期にいろいろなモノを見て今後の準備に入ることができるので、貴重な経験になりました」

 これらのレースで来日したフィリッポ・ポッツァート(ランプレ・メリダ/イタリア)やフランシスコ・マンセボ(スカイダイブ・ドバイ/UAE)など、経験と実績を持つビッグネームたちと戦ったことは、選手たちの闘争心と責任感に火をつける効果をもたらしたようだ。

「彼らとスプリントしてホイール半分の差で敗れたホセ(・ビセンテ・トリビオ/TeamUKYO)は、昔の彼のマネージャーやトレーナーから話を聞くと、『今のホセのほうが強い』と口を揃えて言います。なぜなら、彼がプロコンチネンタルチームで走っていた時代は『いちアシスト選手』でしたが、今は『エース』としてチームを引っ張る責任が自分の上に乗っかっているから。今年からウチに加入してきたリカルドも同じ。ギアやチェーンにトラブルがあって大きく後退したときでも、必死に追い上げて、最後までもがく。大学生選手も、たった数秒のために必死で今を生きなければならないことを自覚している。

 人間をモチベートしていく理由には様々なものがあるけれど、各自が自分の責任や個人的な悔しさなどをバネにして、それをキッカケに他のメンバーもどんどん強くなってくれることでチーム全体の力がますます高くなっている、というのが今の実感です」

 チームを強くしようと思えば、実力選手を何人も好条件で雇い入れて陣容を整えるのが、一番簡単で手っ取り早い。しかし、それでは根本的なTeamUKYOの強化にはならない。企業のM&Aのようにどこかのチームを買収し、名前だけを自分たちのものに掛け替えたとしても、それは自分たちの実力で手にした勝利ではないからだ。

「チームを買いました、勝ちました、終わりました......では、意味がないんですよ。人間を育てて、本当の意味での強い集団を作りあげていくためには、強くあるためのフィロソフィ(哲学)を内部で蓄積し、次の世代へ継承してバトンタッチしていける組織作りが必要なんです。そして、それを実現するには、大量の人数の選手が、組織の中で健全なライバル意識をもとに競争していく環境を整えなければならない。僕たちにはまだない、そういったものを見せてくれたポッツァートやマンセボら一流選手とのUCIレースは、非常に価値のある戦いでした」

 今週末(6月27日〜29日)には、岩手県の八幡平で全日本選手権が開催される。優勝した選手は、その証(あかし)として日の丸をあしらったナショナルチャンピオンジャージを着用する。「日本で一番速く強い選手」を決めるこのレースのために、欧州のプロツアーチームで戦う別府史之(トレック・ファクトリー・レーシング/アメリカ)も帰国し、参戦する。

 2012年にこの八幡平で行なわれたレースでは、当時アルゴス・シマノに所属していた土井雪広(現TeamUKYO)が優勝した。だが、大分県で開催された昨年は、新城幸也が優勝して土井からチャンピオンジャージを奪取した。そして今年、新城は当初、主催者発表のスタートリストに名前が掲載されていたが、7月のツール・ド・フランスに専念するという理由から今回の全日本選手権への参戦を見送ることになった模様だ。

 今年の開催地は、一昨年と同じ八幡平。このコースで勝って、もう一度、土井にチャンピオンジャージを着させてやりたいと、TeamUKYOのキャプテン狩野智也は言う。

「土井に、もう一度チャンピオンを獲ってもらいたい。2年前に全日本チャンピオンを獲得したときと同じコースだから相性はいいはずだし、意外とチャンスは大きいんじゃないかと思います」

 監督の片山も、もちろん、思いは同じだ。

「できれば土井に2回目のチャンピオンになってほしいけれど、別府君や宮澤君(崇史/ヴィーニ・ファンティーニ・NIPPO・デローザ)、増田君(成幸/宇都宮ブリッツェン)、清水君(都貴/ブリヂストン・アンカー)など、ライバルは強豪揃いなので、厳しい戦いになるでしょう。ウチからは、アンダー23で全日本優勝経験のある平井栄一や、成長ナンバーワンの山本隼も参戦するので、面白い戦いができると思いますよ」

 この週末の全日本選手権は、土井、別府といった経験豊富な強豪選手たちの激しい戦いと同様に、若い世代が彼らにどこまで肉迫できるのかを見定める絶好の機会になるだろう。

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira