金輸入が急増している

中国の、大きな声では

言えない裏事情とは

2013年の金需要が1065トンと前年比32%も伸び、インドを抜いて初めて首位に立った中国。シャドーバンキング問題に端を発して輸入が急増した裏側には、金を利用した資金調達の仕組みができ上がっていた…!?

本誌4月号において、中国では信託会社などが発行する高利回りをうたった「理財商品」のデフォルト(債務不履行)が問題になっていることを取り上げた。通常の銀行を使った資金調達とは異なることから「シャドーバンキング(影の銀行)」と呼ばれ、メディアでもよく取り上げられているのでご存じの読者も多いだろう。大手の銀行や保険会社が窓口になって販売したものも多く、それらのデフォルトが増えたことで警戒感が高まり、安全資産としての金の需要が急増中であるとした。

国際的な金の広報調査機関であるWGC(ワールド ゴールド カウンシル)が4月15日に「中国の金市場」と題したレポートを公表したのだが、その中に興味深い分析があった。資金調達のための金輸入の存在が指摘されていたのだ。

中国の金の輸入はここに来て急増しており、2013年は前年の830トンから1490トンにも上った。ここから輸出分を引くと1160トンの純輸入となる。2013年の中国の金需要はWGCによると1065トンとなっており、生産面では2007年に南アフリカを抜いて以降、トップを保っている。中国の金に関しては、需要の規模から見て余剰分はどこに行くのか、憶測を呼んできた。

私は、中央銀行である中国人民銀行がひそかに買い集めていると考えてきた。そしてもうひとつの行き先が、販売目的や宝飾品などの加工目的ではなく、単に利ザヤ稼ぎのために金の輸入をするというもの。代表的な仕組みは、次のようなものだ。

たとえば、中国本土にある会社が香港にある支社から金を輸入することにし、銀行に保証してもらった手形の一種の「信用状(L/C)」を発行して送付する。受け取った香港支社は、信用状を担保に銀行からドル建てで融資を受ける。本社は同額の人民元を預金したり、投資したりする。ここまでの金融環境では香港側で支払う金利のほうが安いので利ザヤが稼げるというわけだ。

輸入した金は、その間は在庫として置かれ、中国国内で販売されることもなく金融取引に利用されたにすぎない。

こういった取引は銅で一般的とされているのだが、場所をとらない、錆びたり変化しない金が選ばれることが増えているようなのだ。

いずれにしても、中国の金輸入が実態以上に水増しされている背景にはこうした取引が存在している。

亀井幸一郎

PROFILE OF KOICHIRO KAMEI

マーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表。中央大学法学部卒業。山一證券に勤務後、日本初のFP会社MMI、金の国際広報機関WGCを経て独立し、2002年より現職。市場分析、執筆公園など幅広く活躍中。




この記事は「WEBネットマネー2014年7月号」に掲載されたものです。