阪神が交流戦で晒した決定的弱点

ざっくり言うと

  • 阪神が22日、楽天戦で1−5と完敗し、交流戦を9勝15敗の11位で終えた
  • 球団内では、「打てなかった打線」への不安が増大している
  • 相手投手への対応ができなかったことが、深刻視されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング