市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。6月21日、私は、「24時間グリーンチャリティーマラソンin東京ゆめのしま」にチャレンジします。24時間でどれだけの距離を走れるか......不安と楽しみな気持ちでいっぱいです。普段は「楽しく走りながら、美味しいものを食べる!」というお気楽なスタンスの私ですが、さすがに今回は、「24時間マラソンに向けてきちんと準備しなきゃ!」と、練習をしっかり積み重ねてきました。練習場所に選んだのは、なんと箱根駅伝のコースです! しかも、一番苦しいとも言われる箱根5区(小田原〜箱根・芦ノ湖)の山越えコースを走ってきましたよ。というわけで、今回のテーマは、「RUN×箱根越え」。今回は特訓ということで、箱根を2回走ってきました。歩いたり、食べたり、しゃべったりと、結局は特訓というより、箱根を楽しんだ形になってしまいましたが......(笑)。まずは、その特訓(?)の模様をご覧ください!

☆悲願だった箱根の山に挑戦!

 私はこれまでに、2区の途中から5区の途中までの「横浜〜箱根湯本」間と、10区の「神奈川・鶴見〜東京・大手町」間を走ったことがあります(コラム「箱根駅伝のコースを走ってみました!」「箱根駅伝10区を直前試走!」参照)。ただ、箱根駅伝のコースで唯一走っていない5区の後半、つまり箱根の山越えだけは、「まだ無理かも......」と遠慮していました。ただ今回、24時間マラソンに挑戦するにあたり、雪の降る冬でもなく、真夏の炎天下でもない今の季節こそ絶好のチャンスだと思い立ち、箱根の山を目指したのです!

 箱根の山を制覇すべく、私は朝5時に小田原駅に到着。さっそく国道1号線のほうに向かって行くと、箱根駅伝の小田原中継所を見つけました。毎年、4区の選手が5区の選手に「最後を託したぞ!」とタスキを渡すシーンが脳裏に浮かびます。感慨深い気持ちにひたりながら、私はさっそく箱根5区のコースを走り始めました。

 まずは、国道1号線を真っすぐ走り、箱根湯本方面へ。そしてその先に立ちはだかるのが、箱根峠です。ゆっくりと坂を上がっていくと、「大平台」「宮ノ下」といった箱根駅伝のテレビ中継で聞き覚えのある地名の標識を見つけることができました。と、同時に、私は箱根峠の傾斜に負けて、早々に歩くことに......。大股で駆け上げって行く駅伝選手とは比べ物にならないなぁと、つくづく思いました。

 ゆっくり景色を見ながら走っていると、有名な富士屋ホテルを発見。さっそく名物のカレーパンを購入し、さらなる頂上を目指しました。すると、国道1号線で一番標高の高い地点で、箱根駅伝ファンの方が記念撮影をしていたのです。標高874メートル(国道1号最高地点)まで来ると、都内とはかなり温度が違います。「初夏のトレーニングには最適だなぁ」と思いつつ、だんだん体力的にキツくなってきたので、クルマで帰ろうとする箱根駅伝ファンの方に、「乗せてもらえませんか?」と言いそうになりました(笑)。

 しかし、そんな言葉を我慢しつつ箱根峠を越え、向かうは箱根5区のゴール、芦ノ湖へ。そして、芦ノ湖を眺めながら、なんとか30キロ弱を走りきりました! ゴール地点には、私と同じように走ってきた箱根駅伝好きのランナーも多くいらっしゃいましたよ。すると、ゴール地点にいたランナーの方から、「スポルティーバで連載している中島さんですよね?」と声をかけていただいたのです。その方も小田原から走ってきたらしく、「中島さんって芸能人なのに本当に真剣に練習しているんですね。しかもひとりで(笑)。中島さんは正真正銘の市民ランナーですね」と驚かれました。そう言って褒めてもらえて、とっても嬉しかったです! ただ、今回はけっこう歩いてしまったので、ちょっと恥ずかしくも思い......。というわけで私は、「箱根特訓第2弾」に挑戦しようと思い立ったのでした!

☆江戸時代にタイムスリップ?

 私は箱根特訓第2弾として、旧東海道を走ってみるにしました。昔の箱根駅伝は現在のコースと違って、旧東海道の一部を使用していたからです。後日、朝4時に小田原を出発して旧東海道を走っていくと、現在の駅伝コースよりも傾斜のキツい坂道が待ち受けていました。しかも、周囲は旅館やコンビニなどほとんどなく、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気。山を切り開いて石で足場を作った石畳も残されていたので、まるで大昔の旅人のような気分になりました!

 そして、箱根山の頂上付近を走っていると、可愛らしい茶店を発見。なんとそのお店は、創業400年という老舗茶屋でした。開店していたので、さっそくお邪魔してみました。すると、お店のご主人は、「歩いてきたんじゃなくて、走ってきたの?」とビックリ。たしかに、旧東海道のコースはかなり苦しい山道でした(笑)。その茶店でいただいたのは、甘酒とお餅。疲れた身体に、甘いモノが染み渡ります。きっと箱根関を目指して歩いてきた江戸の人々も、ここで甘酒を楽しんだのでしょうね。

 美味しい甘酒とお餅をいただいたことで、私の足取りも少し軽くなりました。そして、芦ノ湖で2度目のゴール! 30キロ弱の距離でしたが、個人的な感覚としては50キロぐらいのボリュームでした。ただ、走り終わってみると、「24時間マラソンを完走すれば、また箱根に戻ってきたいなぁ。そして箱根の先も走ってみたいなぁ」という気分に......。そんな無謀な思いを巡らせながら、箱根を後にしました(笑)。

 今回、紹介したコースはバスも走っているので、「ちょっとだけ体験してみたい」というランナーにもオススメです。ぜひ、涼しい箱根の山々で、歴史を感じるランを体験してみてはいかがですか?

【今週のRUN日記】

6月14日(土) 20キロ @赤坂
6月15日(日) 20キロ @目黒川
6月16日(月) ヨガ90分
6月17日(火) ヨガ90分
6月18日(水) 10キロ @赤坂
6月19日(木) 休足日
6月20日(金) 休足日

 今週の走行距離は50キロ。24時間マラソンのため、距離を伸ばして練習しました。実はこの夏で、私はラン歴3年になるんです。最初は1キロも走れなかった私が、フルマラソンを走り、100キロマラソンを走り、そしてついに24時間走ることになるなんて......自分でも驚きです。24時間という「新しい壁」を越えたら、私の身体と心はどんな風に変化するのでしょうか。きっとまた、新しい自分に出会えると思います!

 LET'S RUN WITH ME!!

 今日までの練習の様子は、ブログをチェックしてください!→中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。週刊プレイボーイ(集英社)の電子写真集「ケータイ週プレBook」より、初のグラビア写真集『あぶない女子アナ』が絶賛発売中!

中島彩●文 text by Nakajima Aya