GoProの新規株式公開で ウェアラブル関連銘柄に注目!

写真拡大

【今回のまとめ】
1.今週はGoProの新規株式公開が予定されている
2.同社はウェアラブルの最初の上場銘柄になる
3.業績的にはかなりしっかりした数字を出している
4.アンバレラ、アンダー・アーマー、アップル、グーグルも関連銘柄と言える

先週の米国株式市場

 先週の米国株式市場は、ジャネット・イエレンFRB議長が連邦公開市場委員会(FOMC)で「債券買い入れプログラムが終了した後も、景気に十分配慮した金融政策を行う」とコメントしたことを受け、堅調でした。ダウ工業株価平均指数は+1%、S&P500指数は+1.4%、ナスダック総合指数は+1.3%でした。

GoPro(ゴープロ)が新規株式公開される

 今週注目のイベントは6月25日(水曜日)前後に値決め予定のGoPro(ゴープロ)の新規株式公開(IPO)です。初値設定は21〜24ドルで、ティッカーシンボルはGPROです。

 GoPro(ゴープロ)はウェアラブル・キャプチャ・デバイスのメーカーです。これはビデオ・カムコーダーのようなものですが、その特徴はファインダー(のぞき窓)が無いという点です。

 なぜファインダーが無いのかといえば、GoProはサーフィン、スカイダイビング、マウンテンバイキングなどのエクストリーム・スポーツ(極端な状況で行われるスポーツ)を行う際、選手の体にカメラを固定して、周囲の景色や、プレーヤー本人の様子を撮影するからです。

 皆さんもYouTubeなどにUPされた、エキサイティングな動画をご覧になったことがあるかと思います。

 ウェアラブルの定義は、このカテゴリーそのものが出来たばかりだということもあって、まだ投資コミュニティでも意見の一致を見ていません。

 普通、ウェアラブルと言った場合、衣服やアクセサリーに組み込まれる事で、心地よく身にまとう事が出来るコンピュータを指します。

 具体的なイメージとしてはグーグル・グラス、腕時計型デバイス、ブレスレット型エクササイズ・デバイスなどが挙げられます。そのほか、コンタクトレンズ型、帽子型、ヘッドバンド型、補聴器型、ジュエリー型などがあります。

 GoProはそんなウェアラブルのカテゴリーの中で、最初のピュアプレイ銘柄として注目されています。その関係で、GoProのIPOが成功するかどうかは、ウェアラブルのセクター全体にとって極めて重要です。

GoProの業績は結構良い

 米国証券取引委員会(SEC)に提出されたGoProの売出目論見書を読むと、同社の業績は意外にしっかりしています。同社は既に9.86億ドルの売上高があり、過去4年間の売上高成長率は年率平均+149%でした。

 また出荷台数は去年の実績が380万台で、過去3年間の成長率は年率平均+83%です。

 EBITDA(利払い前、税前、償却前利益)は次のグラフのようになっています。

 デジカメが年間9000万台売れていることなどを考えると、380万台という数字は「まだまだ端緒についたばかりだ」と経営陣は強気です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)