上田桃子、最終18番でバーディならず(撮影:ALBA)

写真拡大

<ニチレイレディス 最終日◇22日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,584ヤード・パー72)>
 千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コースで開催された国内女子ツアー「ニチレイレディス」の最終日。首位から出た申ジエ(韓国)がスコアを2つ伸ばしトータル12アンダーで逃げ切り、4年ぶりの日本ツアー優勝を果たした。4打差の2位タイには葭葉ルミと藤田光里が、5打差の4位にリ・エスド(韓国)、6打差の5位タイに不動裕理と上田桃子が入った。

 以下に主要選手のコメントを掲載する。
・葭葉ルミ(トータル8アンダー2位タイ)
「優勝は狙ってなかったので、自分にできることはすべてやろうと思っていたので良かった。ノーボギーで回れたのも良かったです。グリーンが速くなったときの対応とかはまだ分からないですけど、ショットは少しづつ良くなってなってきた。自信につながれば。アンダーで回れたし。マッスルバックはもうちょっと練習したい。初日が一番良かったですね」
・不動裕理(トータル6アンダー5位タイ)
「問題は3日間のロングホール。ほとんどバーディが獲れてない。その分だと思います」
<今日1日は?>
「そんなに悪くなかったが4、5メートルがまったく入らなかった」
<大山志保、上田桃子と歴代賞金女王のペアリング>
「あまりそんな風に考えなかったけど、リズム良く回ることができた。次週に向けてはまずはティショット。獲れるホールでどうするか、チャンスホールは締めてやりたい」
・上田桃子(トータル6アンダー5位タイ)
「今日は良いペアリングで回れていい勉強になった。良い一日でした。ピリッとした雰囲気があった。その割りにテンポも良く、良い勉強になった」
<そろそろ勝ちたい?>
「確信が持てました。調子も上がってるし自分をコントロールする自己分析もできている。自信を持ってやれば決断が早くなる。入ってる選手は構えてからが早いですね」
・高橋恵(トータル1アンダー17位タイ、ベストアマ)
「うれしいです。バーディ、ボギーと出入りの激しいゴルフで疲れました。でもこのごろバーディが獲れてなかったので、いっぱいバーディが獲れてよかったです」
<あさってから日本女子アマチュア選手権>
「先週練習ラウンドしたけど難しかったです。フェアウェイは狭いし、グリーンは長くて大きい。でも優勝を目指して頑張りたいです」
<予選は勝みなみ選手と一緒>
「楽しくみなみちゃんと回れればいいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>