マラドーナ氏を「疫病神」扱い

ざっくり言うと

  • 現地21日のW杯イラン戦に、アルゼンチンが1−0で勝利した
  • 前監督のマラドーナ氏も観戦していたが、氏が去った直後に決勝点が入った
  • 同国サッカー協会の会長は、氏を「疫病神」扱いして勝利を喜んだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング