ラモス瑠偉氏 (撮影:フォート・キシモト)

写真拡大

21日、ラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、ラモス瑠偉氏の楽屋での発言を明かした。

日本時間20日のギリシャ戦後、ラモス氏はさんまとテレビ番組の収録で一緒になり、さんまの楽屋までやってきたのだという。そのとき、ラモス氏はさんまを相手に「ずっと怒ってた」そうだ。

さんまはラモス氏とは30数年の付き合いで、ラモス氏の結婚式でも乾杯の音頭をとったほどの仲であると、付き合いの深さを説明した。

過去にはラモス氏が、現在サッカー解説者の都並敏史氏と、さんまの草サッカーチームに飛び入り参加したこともあるが、相手に気づかれもしないほど日本のサッカーがマイナーだった時代からの付き合いがあったという。

ちなみにそのとき、ラモス氏は相手のファールに激怒し、草サッカーでつかみ合いのケンカをしてしまい、さんまに「アンタ、草サッカーで何してんねん」とツッコまれたそうだ。

そんな長い付き合いのあるラモス氏は、さんまによると「ずっとザックジャパンの愚痴を言っていた」そうだ。

さんまは「俺に言ってどないすんねん」と返したそうだが、ラモス氏は「(ザッケローニ監督は)テンパってるよ、テンパってるよ」と連呼していたという。さんまは「お前がテンパってるって」とツッコミを入れたことを語った。

ちなみにラモス氏は、J2のFC岐阜監督であり、現在22チーム中16位の成績。楽屋でザックジャパンに対して「だからダメなんだ!」と収まらない様子のラモス氏に、さんまは「お前のチームの方がダメやないか!」と痛烈なツッコミを入れたところ、ラモス氏は「それは言わないで」と懇願していたことを暴露した。

【関連記事】
村上龍氏、NHKの生放送番組「あさイチ」でW杯日本対ギリシャ戦の速報後、テーマを脱線し鋭いサッカー解説を披露する
菊川怜はサッカー知識ゼロか? 「とくダネ!」で日本代表の戦術を解説する武田修宏氏に「中央って自由なんですか?」「ダイレクトパスってなんですか?」とフシギな質問を連発
小倉智昭氏、ギリシャ代表の話題で経済危機を執拗に指摘 「ギリシャ人は経済危機を乗り越えたつもりになっている」