23日、日本のテレビ番組で「隕石が尖閣諸島に落ちればよかった」といった趣旨の発言をして物議を醸した日本在住の中国人評論家・宋文洲氏が中文導報に寄稿し、尖閣諸島に関する日本の言論の自由を憂いた。資料写真。Record China

尖閣海域で中国船確認、6日連続

ざっくり言うと

  • 尖閣諸島周辺の接続水域で22日、中国海警局の船2隻が航行していた
  • 中国当局の船が尖閣周辺で確認されたのは、6日連続
  • 海上保安庁の巡視船が警告しているが、応答はない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング