実は画期的、富岡製糸場の建築法

ざっくり言うと

  • 群馬県の富岡製糸場が、世界遺産として登録された
  • 西洋のレンガを取り入れつつ、屋根は日本瓦で作っている
  • 日本と西洋の建築を融合させ、当時としては珍しいものだったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング