「ボーン」新作にマット復帰か、2007年「ボーン・アルティメイタム」以来。

写真拡大

マット・デイモンが、第5作目となる「ボーン」最新作で、シリーズ復帰を果たすと報じられている。

ロバート・ラドラムの同名著作を原作としたこの人気シリーズで、記憶を失くした殺人者ジェイソン・ボーン役を演じていたマットは、2007年発表のポール・グリーングラス監督作「ボーン・アルティメイタム」を最後にシリーズを去っていたが、この新作に向けて主役へ返り咲く方向で交渉中だと言われている。

マットは以前からグリーングラスが監督をしない限り、シリーズには復帰しないと明言していた。「ポール・グリーングラスが監督を務めるなら、いつだって歓迎だよ」。

しかしながら、シリーズ第5弾の公開予定日が2016年7月15日まで延期となったのは、「ワイルド・スピード」シリーズで知られるジャスティン・リン監督の下で主演を務めることに同意したからだと、ラティーノ・レビューは報じている。また、今年になってから製作を担当するユニバーサルは、この新作の脚本に向けてマット主演作「インビクタス/負けざる者たち」のアンソニー・ペッカムを脚本家として抜擢した。

マット不在のシリーズ第4作では、ジェレミー・レナーがエージェントのアーロン・クロス役として主役を務め、レイチェル・ワイズらと共に出演していた。