セガールが好きではないスター、「エクスペンダブルズ」不参加の理由。

写真拡大

スティーヴン・セガールは、一部の出演者のことが好きでないため、アクションスターが一堂に会し、人気を博している「エクスペンダブルズ」シリーズに参加しないのだという。

スティーヴンがスター勢揃いの同作への出演話を一蹴したことはよく知られているが、その理由について「あの作品の一部の顔ぶれが気に入らなかっただけなんだ」と今回初めて明かした。

1作目にはシルヴェスター・スタローン、ドルフ・ラングレン、ランディ・クートゥア、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、2作目にはさらにジャン=クロード・ヴァン・ダム、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガーらが参加している。

さらに新作「エクスペンダブルズ3」ではアントニオ・バンデラス、ウェズリー・スナイプス、ハリソン・フォードらも新たに参加しているものの、スティーヴンはまだ興味がないとビッグイシューに語っている。「おかしな人たちと仕事をするほど人生は長くないからさ」。

一方でスティーヴンは、自身の映画でアクションヒーローを集結させることには興味があると認めている。「それはあり得るかもね。ジェイソン・ステイサムやジェット・リーあたりは好きだからね」。

スタローンは以前、過去に「スティーヴン・セガールは『関係を持たない』って俺のことを指して言ったんだ。だからアイツを壁に押し付けてやったよ」と、スティーヴンと意見の相違があったことを明かしている。