足骨折ハリソンは順調に回復中、「スター・ウォーズ」現場復帰を心待ち。

写真拡大

ハリソン・フォード(71歳)は、足骨折の手術の後、順調に回復しているようだ。

現在「スター・ウォーズ エピソード7」の撮影がイギリス、バッキンガムシャーにあるパインウッド・スタジオで行われているところだが、先週ハリソンは油圧式ドアにぶつかって負傷し、ヘリコプターで病院に搬送された。幸い手術は成功。ハリソンは撮影現場に復帰するのを心待ちにしているそうだ。

代理人が発表した声明には、「ハリソン・フォードが事故で左足を骨折しました。手術は成功し、間もなくリハビリに入ります。体調も良く、撮影に復帰することを楽しみにしています」と記載されている。

ただ、本作でハン・ソロ役を再び演じているハリソンと親しいある関係者は、最低でも1か月はリハビリに費やさなければいけないため、現場復帰には時間がかかるだろうとUSマガジンに明かしている。

「本当に不運なことですね。ハリソンはこの映画に向けて一生懸命に撮影に取り組んでいました。少し頑張りすぎたとも言えますね。どうやら1か月か1か月半はリハビリしなきゃいけないようですよ」

そんな事故に見舞われてしまった「スター・ウォーズ エピソード7」だが、来年12月の公開に向けて、撮影は予定通り続行する。