サッカー解説者の北澤豪氏

写真拡大 (全5枚)

サッカー元日本代表で解説者の北澤豪氏が21日、都内にて、マットレスパッド『エアウィーヴ』のPRイベントに出席。「黄色いパンツ(次の対戦国・コロンビアをイメージする色)とか、他の色を着ることが出来ない」と説明しながら、青でまとめた衣装でステージに上がった。

話題とするのは(25日の早朝に行われる)コロンビア戦に向けた、日本の勝利。決勝トーナメント進出条件の一つ、2点上回っての勝ち方について、北澤氏は「コロンビアは隙がなくて強い国だと、僕らは言ってきていますが、日本にとってはやりやすい相手だと思う」と考えを示した。

そう思った理由として「日本代表のここ最近で言うと、ちょっと強いチームと試合をしたほうが結果を出している。逆に自分たちよりも格下、技術的だったり、戦略的に劣っていると、こっちが攻撃的に出て行く立場になる。そうなるとやり辛さがあるように思える。だから、向こうが強いとコチラの力が出しやすいのではないか」と持論を語った。

すると、司会者から「ということは、スコアの予想として、ズバリ?」と質問を振られると、「1点面が早く取れれば、2点目も入るだろう」と答えた。

その後には「(攻守の駆け引きである)マッチアップしたときの相性が大事」と付け加えた。「コロンビアのディフェンスはどちらかというと激しくこない。相手にスーッとやらせる方法でプレッシャーをかける。日本としては、力を出しやすいマッチアップになるだろう。そういった意味では、期待が持てる」と続けていた。

今回のトークショーは、寝具であるマットレスパッド、サッカー日本代表チーム「サムライブルー」の体感イベントとして実施。北澤氏がゲストとして招かれた。

▼ サッカー日本代表チーム「サムライブルー」モデル(※限定商品)



▼ ゲストとして招かれた、北澤豪氏



▼ 青でまとめた衣装で登場した