20日(日本時間)に行われたブラジルW杯の日本対ギリシャで、日本サポーターが「旭日旗」のような模様をフェイスペイントしていたとして、韓国で大騒動になっている。

韓国の誠信女子大の徐敬徳教授は、安倍政権と結びつけながら「歴史わい曲教育がもたらした結果だ」などと批判した。

韓国の放送各局は同試合を中継した際、顔に赤と白の線が交互に伸びるようなペイントをした日本サポーターの顔をクローズアップして映した。

韓国は旭日旗をナチスのハーケンクロイツと同列視し「戦犯旗」と批判しているため、サッカー解説陣はすぐさま「会場から追い出すべき」「チケット代がもったいない」などと発言。不快感をあらわにした。

徐教授も試合が終了すると、「日本の観衆がまた顔に戦犯旗を表現しましたね! 日本国民ですら戦犯旗についてよく知らないようだ」などとツイッターを通じて日本批判を展開した。

ツイッターではさらに、「やはり安倍政権の歴史わい曲教育がもたらした結果物だ。正しい歴史教育がどれだけ重要なのが改めて示している」と日本政府と絡めて批判すると、「批判と非難だけでなく、戦犯旗をなくすため韓国が国際社会に継続的に知らせる必要がある!」などと訴えた。

徐教授は、慰安婦問題や竹島問題など日韓が抱える問題について、韓国側の一方的な主張を世界各国のメディアで展開している。

W杯の開幕前には、日本代表のユニフォームのデザインは旭日旗模様だと批判する意見広告を米ニューヨーク・タイムズ紙に掲載。開幕後はSNS上で批判活動を展開し、ロナウドやネイマール、ルーニーなど世界的なプレーヤーのツイッターに広告を送りつけている。

【関連記事】
明石家さんまが日本代表だけを応援する「にわかサッカーファン」に苦言 「日本代表が世界と戦うのが好きなんやろ?サッカーは好きじゃないのよね」
中居正広が日韓関係について「ワイドナショー」で発言 「韓国のアーティストはウェルカム」「謝るべきところは謝ればいい」
http://news.livedoor.com/article/detail/8945632/
「許さない、この負け方」 ラモス瑠偉氏が「S☆1」で静かに怒る