遺体大きすぎ…豪病院で非情対応

ざっくり言うと

  • オーストラリアの病院が、遺体が大きすぎるとして安置を拒否した
  • 遺体は体重200キロあり、自宅でエアコンをフル稼働させて保存したという
  • 翌朝になってから、冷却装置付きのコンテナに安置された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング