今週に入ってフルショットの練習をスタートしたと報道されてきたタイガー・ウッズ(米国)が、自身がホストを務めるクイッケンローンズ・ナショナル(6月26〜29日、コングレッショナルCC)で電撃復帰を果たすことがわかった。自身のfacebookページ上で発表したもので、突然のウッズ復帰に米ゴルフ界が沸いている。
ウッズ、今週からフルショット練習スタートと報道
 ウッズは今年の3月31日に持病となっていた腰の手術を行い、長期にわたり戦線を離脱。トーナメントからは3月9日の「WGC-キャデラック選手権」以来離れていた。手術後は順調な回復を見せていたが、今月に入ってフルショットの練習を始めたばかり。次週の復帰は誰もの予想を上回るハイペースだ。
 ウッズは「フルショットを始めたばかりだけど、次のステップに進むときがきた。試合で戦う形に戻ってプレーしたい。今後の挑戦に興奮している」とコメントした。これにより、全英オープン、全米プロゴルフ選手権と2つのメジャーへの出場も濃厚となった。まずは次週ケガ明けのウッズがどんなプレーを見せるのか注目が集まる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>