ASKA容疑者の薬物問題を斬った高須院長

写真拡大

 高須クリニックの高須克弥院長が、様々な出来事に自由な意見をぶつけるシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、2014年上半期最大の芸能ニュースとなったASKA容疑者の覚せい剤事件について話を聞きました。

 * * *
──2014年上半期で、もっとも話題になった芸能ニュースといえば、やっぱりCHAGE and ASKAのASKAが覚せい剤で逮捕された事件だと思います。この事件について、高須院長はどう思いましたか?

高須:薬物の問題って実は一筋縄には行かない側面もあって、結局、法律上の問題なんだよね。ぼくが子供の頃なんかは、薬局でヒロポンが売ってて、みんな合法的に覚せい剤をやってたわけだから。不眠不休で働かなければならなかった戦後の復興期には、ヒロポンにお世話になった人も多かっただろうしね。大麻もそう。昔は日本でも栽培してたんだから。

 高須家は昔から医者をやってるから、薬草園があったんだよ。ぼくが子供の頃は、そこでケシの実とか栽培していた記憶があるもんなあ。トリカブトとかも。あと、ぼくのおばあちゃんは耳鼻科医だったんだけど、おばあちゃんの得意技は「コカイン点鼻薬」と「阿片チンキ」だったからね。コカインだって昔は、普通に医療で使える薬だったんだよ。

 まあ、だからといって薬をやっていいとはならないけどね。覚せい剤は体を蝕んでいくから、絶対にダメ。不眠不休で働けるようになるってことは、それだけ無理を強いる薬というわけだから、体にいいわけがない。そもそも日本は法治国家なんだもん。法律を破ったら、それは罰せられるよ。

──ASKA容疑者の事件では、知人の女性もいっしょに逮捕されていて、2人は「キメセックス」を楽しんでいたとも報じられています。その報道があったせいで、逆に「キメセックス」に興味を持ってしまう人も多いみたいですね。

高須:うーん、それはあんまりよくないねえ…。でも、キメセックスなんか、1回やっちゃったら、もうおしまい。一生抜け出せなくなっちゃう。絶対に手を出しちゃいけないよ。ぼくも、ニューハーフの人に絶対手を出しちゃいけないよ、って忠告されたことがあったけどね。

──ニューハーフですか?

高須:そう、ニューハーフ。その人が「先生、ニューハーフ好き?」って聞いてくるんだよ。ぼくはそっちの気はまったくないから「興味ないよ」っていったら、「よかった〜」って。「オカマとのセックスは女の子とのセックスの何倍もいいから、絶対に抜け出せなくなる。一度味わったら後は落ちるだけなの。わたし、先生のこと好きだから、先生の落ちるところは見たくないの!」って言うんだよ(笑い)。キメセックスも同じだよ、一度味わったら落ちるだけ。絶対にやっちゃダメ。

──たしかに「薬を使うと気持ちいい」みたいなイメージはあまりよくないですよね。

高須:そうなんだよね。だから、もっと悪いイメージを与えるといいかも。たとえば、無差別殺人鬼みたいな凶悪な犯罪者がいたら、刑罰として薬漬けにするとか。快楽殺人者には、ずっと薬を投与して快楽だけを与えれば、それだけで満足するだろうから、殺人なんか犯さなくなるでしょ。そうなれば、「薬=刑罰」で悪いイメージになるし、世の中のためになるかもね。まあ、さすがに倫理的にも法的にも、絶対にムリだけどね(笑い)。

 * * *
 法律的な問題だとしながらも、薬物の危険性を訴える高須院長。いくら気持ちいいといわれていても、キメセックスなど言語道断、絶対に手を出してはいけない! ただ、ちょっと気になるのがニューハーフとのセックス。高須院長は興味がないようだが、「絶対抜け出さなくなる」とまで言われたら興味を持つ人がいるかも!?

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。