3チームが残り1枠を争う…日本の決勝T進出の条件は?

写真拡大

 グループCはコロンビアが2連勝で決勝トーナメント進出を決め、3チームが残り1枠を争う構図となった。第2戦終了時点でコートジボワールが1勝1敗の勝ち点3で2位に付け、日本とギリシャが1分1敗の勝ち点1となっている。

1.☆コロンビア(6)+4

2.コートジボワール(3)0

3.日本(1)-1

4.ギリシャ(1)-3

 24日(日本時間25日)に同時刻キックオフとなる最終戦で日本はコロンビアと対戦。コートジボワールはギリシャと対戦する。日本が決勝トーナメントに進出するためには、勝利が絶対条件。そのうえで、コートジボワールが引き分け以下に終わる必要がある。さらに得失点差も絡み、条件はかなり厳しい。

 いずれにせよ、日本はコロンビアに勝たなければ、その時点で敗退が決まる。以下、日本がコロンビアに勝つことを前提として、グループリーグ突破の条件を見ていきたい。

【コートジボワールがギリシャと引き分けた場合】

→日本とコートジボワールの2位争い

(ギリシャは最下位で敗退)


 コートジボワール対ギリシャが引き分けに終わった場合、日本は勝てばコートジボワールと勝ち点4で並び、得失点差で2位の座を争うことになる。第2戦終了時点での得失点差はコートジボワールが「±0」、日本が「-1」。コートジボワールが引き分けの場合、得失点差は「±0」のまま変わらないため、日本はコロンビアに2点差以上で勝って「+1」以上にすれば、2位でグループリーグを突破できる。

 コートジボワールがギリシャと引き分け、日本がコロンビアに1点差で勝った場合は、日本とコートジボワールが勝ち点4、得失点差±0で並び、総得点の争いになる。現時点でコートジボワールの総得点は「3」、日本は「1」。コートジボワール対ギリシャが0-0なら、日本は3-2以上でコロンビアに勝つなど、コートジボワールよりも3点以上多く点を取らなければならない。

 総得点も同じ場合は直接対決の成績で順位が決まる。日本はコートジボワールに敗れているため、得失点差、もしくは総得点で上回る必要がある。

【コートジボワールがギリシャに敗れた場合】

→日本とギリシャの2位争い

(コートジボワールは最下位で敗退)


 日本がコロンビアを下し、コートジボワールがギリシャに敗れた場合は、日本とギリシャが勝ち点4で並び、得失点差で2位を争う。第2戦終了時点での得失点差はギリシャが「-3」、日本は「-1」。ギリシャが日本を上回るには3点差以上での勝利が条件で、日本が有利となる。