ブラジルW杯、日本の第2戦はギリシャとスコアレスドローという結果だった。たしかに、攻めてはいた。それをコートジボワール戦からの進歩と言うなら、そうかもしれない。

 しかし、その攻撃にどれだけ得点の可能性があったかと言えば、はなはだ疑問だ。

 日本は7割に迫るボール支配率(68%)を記録し、シュート16本を放ち、うち11本が枠をとらえた。だが、本当に崩し切った決定機は68分にDF内田篤人のクロスをFW大久保嘉人が合わせたシーンくらい。結局、ギリシャの堅い守りを破れずに0−0の引き分けに終わった。

 試合は立ち上がりから、日本がボールを支配した。DFラインからじっくりと攻撃を組み立てつつ、ときに1本の長いパスで相手DFラインの背後を狙う動きも加えたり、自分たちのペースで試合を進めているかに見えた。

 少なくともコートジボワール戦のように、今までやったことのないサッカーをやらされている様子はまったくなかった。

 左サイドから攻撃を組み立てていたDF今野泰幸は「相手の守備が混乱しているのは分かっていたし、これを続けていればいつか取れると思っていた」と振り返る。

 だが38分、ギリシャのMFカツラニスが2枚目のイエローカードを受けて退場となると、試合の様相は大きく変化。ギリシャは10人で徹底して守備を固める策に出た。DF長友佑都が語る。

「相手は(退場者を出して)ドローでいいという状態。10人のほうがやりづらかった」

 DF吉田麻也もまた、「ギリシャが(10人になって)より守備的に来た分、ポゼッションはできた反面、崩すのは難しくなった」と話す。

 サイドから攻めても、まったくと言っていいほどクロスが合わず、シュートにすらつながらない。たまに打つミドルシュートが頼みの綱では、得点の可能性が高まるはずはなかった。

「ギリシャは中(ゴール前の守備)が強いと思っていたので、普通にクロスを上げても厳しい」

 内田がそう話したように、ほとんどのクロスはギリシャDFのヘディングにはね返され、たまに低く速いクロスを入れてもゴール前に入ってくる味方選手とのタイミングが合わないということの繰り返しだった。

 また、長友は「クロスだけでなく、中(中央)からも崩すことが必要だった」と話す一方で、「深く引いている相手に細かいパスをつないで攻めて、(ボールを奪われて)カウンターを食らうのを恐れた」と、その難しさも口にした。

 昨年のベルギー遠征で効果を発揮したMF遠藤保仁、FW香川真司の後半からの"ジョーカー起用"も特効薬とはならず。結局、日本は攻めてはいるものの、どこか煮え切らない戦いを続け、スコアレスドローに終わった。

 試合後、多くの選手から聞かれたのは、「相手が10人になってやりにくくなった」という言葉。それが一面としてあるとしても、ギリシャに退場者が出るまでの37分間、どれだけチャンスが作れていたかを考えれば、そこにフォーカスしてしまうことには違和感がある。

 よりゴールに近い位置でプレーしてこそ、相手にとって脅威となるはずのFW本田圭祐は、下がってボールを受けるばかりだった。本来、ゴール前に飛び込んでくるはずのFW岡崎慎司は左サイドで組み立て役になっていた。これではボールが回っているようでいて、フィニッシュにつながらないのも無理はなかった。

 とりわけ物足りなさを覚えたのは、本田のプレー。ボールを受けてさばくだけでは怖くないし、それでいてあれだけボールコントロールが乱れたのでは話にならない。

 本田は、たまにペナルティエリア付近のシュートレンジでパスを受けても、次のプレーへの準備ができておらず、簡単にボールを失ってしまうシーンがあった。しかも、ボールを奪われた後の守備の反応も鈍く、数多くあったFKも決められずじまい。これでは相手にとっての脅威となれるはずもない。

 この試合が引き分けに終わり、日本の自力でのグループリーグ突破の可能性が消えた。

 長友は「いい入りができたし、全体の流れはコートジボワール戦よりよくなっている」と言う。実際、第1戦と第2戦で、どちらがより「自分たちのサッカー」ができたといえば、間違いなく後者である。ただ、それが次の第3戦、コロンビア戦での勝利を期待させるに十分なものかと聞かれれば、まだ心もとない。

 それでも、グループリーグ突破について、コートジボワール対ギリシャの結果次第とはいえ、ほとんど実現の可能性がないほど難しい条件を突きつけられているわけではない。

 最後のコロンビア戦に勝ったうえで、コートジボワール対ギリシャで、コートジボワールが勝ちさえしなければ、コートジボワール、あるいはギリシャと勝ち点4(1勝1分け1敗)で並び、得失点差の2位争いとなる。グループリーグ最終戦の戦いに注目したい。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki