「コペン ローブ」

写真拡大

ダイハツ工業は2014年6月19日、軽オープンスポーツカー「コペン(COPEN)」をフルモデルチェンジし、全国一斉発売した。

スポーツカーとしての躍動感や流麗さを表現した「コペン ローブ(Robe)」と、新ジャンル感やアクティブ感を表現した「コペン X(クロス)モデル」があり、今回は「コペン ローブ」を発売。「コペン Xモデル」は14年秋の発売を予定している。

新骨格構造で、操縦安定性と乗り心地の良さを実現

新骨格構造「D-Frame」により、骨格のみでスポーツカーに求められる高い剛性を確保。加えてサスペンションやパワートレーンの専用チューニングを行うことで、操縦安定性と乗り心地の良さを実現した。内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」を採用し、外板を構成する13個の樹脂パーツは、購入後でも好みに合わせたデザイン変更が可能となっている。メーカー希望小売価格は、7速スーパーアクティブシフト付きCVT(無段変速機)モデルが179万8200円、5速マニュアルトランスミッションモデルが181万9800円。

新型コペンを生産する新設の「コペンファクトリー」では、夏以降にオーナー見学を可能として、身近で親しみある開かれた工場を目指す。

また、自分らしさを表現するためのサポートとして、コペン認定ショップ「コペンサイト」とメーカー直営拠点「ローカルベース」を展開。全国の販売店舗に設置されるドライバーズサロン「コペンサイト」では、認定スタッフ「コペンスタイリスト」が常駐し、ユーザーへコペンの楽しみ方を提案するほか、地域ごとに、新型「コペン」を満喫できるイベントを実施する。神奈川県鎌倉市に開設される情報発信拠点「ローカルベース」はカフェとしての利用が可能で、ユーザーと直接コミュニケーションをはかれる場として、要望を商品開発へフィードバックするほか、地域と連携したコラボ企画などを行う。