頼みの本田も空回り「ただただ悔しい」

写真拡大

[6.19 ブラジルW杯C組 日本-ギリシャ ナタル]

 日本代表は19日、ギリシャ代表とのグループリーグ第2戦を戦い、0-0で引き分けた。前半途中に相手MFが退場処分を受ける数的優位も最後まで生かすことは出来なかった。

 数字上の決勝トーナメント進出の可能性は残った。ただ絶対に勝たなければいけない試合だった。

「自分たちは2勝するしか(決勝Tに)上がれないと思っていたので、相手のゴールを割ることが出来ずに、ただただ悔しいですね」

「結果がすべてなので、勝ち点3を取れなかったことがただただ悔しいです」

 MF本田圭佑はインタビュアーの質問に、声を振る絞るように答えた。

 前半途中に相手が1人退場する数的優位の展開。しかし日本の攻撃が活性化されることはなかった。何が問題だったのか。本田は「自分たちの精度にも問題はあった」と分析。「ギリシャも引き分けることで次の(コートジボワール戦)直接対決で勝てば上に行けると、引き分ければいいという考えかたにはまってしまった」と唇と噛んだ。

 8年前の成績と酷似する今大会。第3戦まで再現させるわけにはいかない。「最後まであきらめずにやりたい」。本田も必死に前を向いた。