足と一体化する設計

写真拡大

グンゼ(大阪市)は、トレンドのレッグウェアを提案する「Touché(トゥシェ)」から、ファッションに敏感な男性をターゲットに「Touché HOMME(トゥシェ オム)」を発売する。

歩行時も靴の脱ぎ履き時も脱げにくい

男性の間では夏のファッションとしてロールアップスタイルやクロップドパンツ、ハーフパンツが定番となり、靴を履いた時に素足に見えるフットカバーの使用が定着している。しかしグンゼによると、男性は女性と比べて履き心地に厳しく、フットカバーがズレやすいことを問題視しているという。

「Touché HOMME」はメンズでは業界初の3D(立体)縫製で、足と一体化する設計(特許出願中)を採用し、歩行時にズレにくいことはもちろん、シューズの脱ぎ履き時にも脱げにくくなっている。また立体縫製に加えてかかとのすべり止めと履き口のストレッチテープも施されており、足にぴったりとフィットする。

カラーはブラック、チャコールグレー、ネービー、ベージュで、希望小売価格は350円(税抜)。