武井壮がハリウッド進出逃す、「トランスフォーマー」出演予定だった。

写真拡大

シリーズ最新作「トランスフォーマー/ロストエイジ」の全米公開を直前に控えた6月19日(現地時間)、映画のロケ地でもある中国・香港にて、ワールドプレミアが盛大に執り行われた。

このワールドプレミアには、マイケル・ベイ監督、主演マーク・ウォールバーグほかキャストたちが集結。世界20か国以上から300人以上のマスコミ及び関係者が駆けつけた。レッドカーペットには香港のランドマークである香港世界文化中心に、実物大6メートルのオプティマスプライムが初登場。

映画関係者やキャストほか、日本からは「トランスフォーマー30周年記念大使」のタレント・武井壮が唯一のセレブリティゲストとして招待された。

実は大のトランスフォーマーファンの武井は、本作への出演が決定し、昨年10月に香港の地で撮影に参加していた。しかし、残念ながらスケジュールの都合で結局は出演することが叶わず、それでもその後、日本語吹き替え版のアフレコに挑戦している。そしてこのたび再び香港に降り立ち、トレードマークのタンクトップを脱ぎ捨てタキシード姿でマイケル・ベイ監督に直談判。「トランスフォーマー次回作に出演」の約束を取り付けた。

また、主演のマーク・ウォールバーグともガッチリ握手。「武井壮のことは、もちろん覚えているよ!もし共演したら、ぜひ僕の右腕として活躍して欲しいな」と、次回作での共演を誓い合った。

興奮冷めやらぬ武井のコメントは次の通り。

※※※ ※※※ ※※※

実は、この映画に出演予定でした。去年撮影で香港に行ったんですが、押してしまって次の現場に入らないとならず出演を逃しました。

今回は30周年記念大使に選んでいただき声優もやらせていただきました。もう少しでハリウッド進出だったので惜しかったです。次回作は出られるならどんな役でもいいです。ぜひオートボットを1台与えて欲しい!主演の皆さんと絡む謎のアジア人役とか…ハリウッド進出1本目にしてはハードル高いかもしれませんが(笑)。

初めてのレッドカーペットはスターがいっぱいいるので緊張します、主演のマークもこちら側を歩くのでドキドキです。子供の頃から車もロボも好きだから当然「トランスフォーマー」が大好きでした。小さい頃からずっと見ていたので、30周年記念大使は本当に嬉しいです。

監督のマイケル・ベイが前に香港に来たのも覚えていてくれて嬉しかったです。今回残念ながら出られなかったので、次回作にぜひ出演させていただきたいと言ったら、監督が「オッケー」だと言ってくれました。それまでに、マークに負けないくらい猛烈に身体を鍛えておきたいと思います、次回作もお楽しみに!

※※※ ※※※ ※※※

「トランスフォーマー/ロストエイジ」は8月8日(金)より、夏休み全国ロードショー。