香川への信頼を語る長谷部誠「非常に重要な選手。やってくれる」

写真拡大

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節ギリシャ戦を翌日に控えた日本代表は18日、試合会場となるエスタディオ・ダス・ドゥナスで記者会見とメディア対応に臨んだ後、公式練習を実施した。

 前日会見に臨んだMF長谷部誠は、「コートジボワール戦は、自分たちがアグレッシブな試合ができたかと言われれば、そうではないと思います。コートジボワールはアグレッシブにプレーしていたと思います」と、初戦を振り返り、「ギリシャのような相手に対しても、対策というか、自分たちがどういうサッカーをしなければいかないのかはもちろん準備をしてきました。ピッチで表現できるようにやっていきたいと思います」と、抱負を語った。

 上背のある選手が多いギリシャ対策について問われると、「フィジカルの部分では、とにかく高さは間違いなくギリシャのほうが高いですけど。そこをやらせないためには、いろいろな対策は考えていますし、逆にギリシャにそういうストロングポイントがあるのであれば、逆に自分たちにもギリシャにはないストロングポイントがあるので、そこで勝負できると思っています」と、話した。

 さらに、自身のコンディションについて、「ひざは問題ないです」と話したうえで、「(香川)真司は僕たちのチームには非常に重要な選手なので、やってくれると思っています」と、背番号10への信頼を語った。