出産費用平均は42.15万円―「立会い出産率は2割、20代では4人に1人が経験」

写真拡大

リクルートライフスタイルに設置された出産・育児に関する調査・研究機関「赤すぐ総研」は、この度、0〜2歳の子供のいる既婚女性を対象に、出産実態に関する調査を実施した。

「出産実態」に関する調査では、自然分娩での出産は全体の74%。立会出産率は2割で、20代ではほぼ4人に1人が経験。年収800万円以上の層では、 1割強が「無痛分娩」で出産していたことがわかった。

「出産場所を選んだ理由」を尋ねたところ、「自宅に近かった」(48%)、「信頼できた」(42%)、「医師・助産師が 信頼できそうだった」(36%)、「清潔で明るい施設だった」(34%)などの回答が寄せられた。

「出産費用」に関する調査では、平均金額が42.15万円で、6割が40〜60万円未満に集中していることがわかった。出産費用は年齢が上がるにつれて上昇し、関東居住者では平均47.58万円と、全国平均を5万円程度上回った。

いわゆる「妊活」に関しては、「妊娠に向けてなんらかの行動を起こしていた人は7割超」「妊娠可能かどうか検査を受けた人は13%。不妊治療を受けた人は1割」「年齢が上がるほど、また1人目の人ほど検査や不妊治療を受ける割合は高い傾向」「40代では2割弱が不妊治療を受けた経験あり。また、20代は情報収集や相手選 びなどに積極的」などがわかった。

(エボル)