映画「バイオハザード」完結へ、シリーズ新作第6弾の仮題は“最終章”。

写真拡大

人気映画シリーズ「バイオハザード」が、新作第6弾をもって完結するようだ。

ポール・W・S・アンダーソン監督によると、ミラ・ジョボビッチ主演で人気を博してきた同シリーズだが、次回新作で仮題「ザ・ファイナル・チャプター」とも噂されている本作がシリーズ最終作品となる可能性が高いという。

今回のタイトルについて、アンダーソン監督は「今のところこうなっているよ。『ザ・ファイナル・チャプター』ってね。その通りだから」と明かした。さらにアンダーソン監督は現在脚本を執筆している最中で、プロダクションの準備がいつ整うか未定だとCollider.comに続けている。

「まだ撮影の日取りなんかは決まっていないんだ。脚本の初稿が出来上がるまで待って、それから詳細を決めるつもりさ」
「(劇場公開がいつになるのか)分からないね。僕が書く速さ次第だな。スケジュールはまだだけど、近いうちに発表できるといいなと思うよ」

ミラ演じる主人公アリスの活躍を描く同シリーズは、ビデオゲームの映画化作品としてこれまでで最も成功した作品群となっている。2002年の第1作目の公開以降、その人気は高まる一方で、4作目「バイオハザードIV アフターライフ」は世界中で3億ドル(約307億円)の興行成績を収めた。