生活費に35万円以上かかります…賢くやりくりする方法とは?
毎月楽しみにしている給与日。家賃や光熱費、美容や生活用品などを購入していくとあっという間になくなってしまうと感じる方も少なくないのでは?教えて!gooではそんな生活費事情について質問が寄せられました

生活費に35万以上かかってしまいます。無駄を無くすにはどうすれば良いでしょうか?

相談者は、奥さんと1歳のお子さんがいる3人家族です。現在生活費に35万円以上かかっており、細かい生活費の内訳を記載した上で、無駄をなくすためにはどうすれば良いか質問しています。

■視点を変えればムダを削減できる

4人家族で専業主婦のririrさんは、自身の経験からこのようにアドバイスしています。

「簡単な野菜(トマト・きゅうり)などは自家栽培したり買い物回数を少なくしたり、残り物でがんばってみたりと工夫はしておりますので、食費をもう少し減らせるかなと思います。(中略)…いろいろ踏まえたうえで個人的な主観ですが、主婦としては食費の削減が一番いいのではと思いました」(ririrさん)

「まずは、削れる部分(交際費など)とどうしても削れない部分(家賃等)とを把握して、一気に削るのではなく徐々に低額にしていくのもいいと思います」(LotusLilyさん)

「本当に必要なものは衣食住だけであるはずです。無くなると不便、あれば便利、と言う程度のものは全て0円に。『少しずつ減らす』ではなく『本当に必要なものだけを残す』です」(ROMIO_KUNさん)

相談者のように、今実際にどれだけかかっているかを紙に書き出し、その上で必要なもの・不必要なもの・削減できるものと見直してみると、新たな発見が生まれるかもしれません。

■定期預金や給与天引きを活用

金融機関の定期商品や、給与天引きなどを活用してみてはどうかという回答も寄せられました。その一部をご紹介します。

「お金はあればあるだけ使ってしまうものです。引き出しにくい貯蓄に先取りして、使える総額を減らすとか、小遣いでまかなうもの、共通費でまかなうものを明確にして、分類しづらい出費をなくすことを考えないとなかなか減らせないですよ」(denitさん)

「一番てっとり早く節約する方法は、給料日に自動引落で定額を強制的に貯蓄できるようにすることだと思います」(noname#136164さん)

お金は手元にあると使ってしまうという方も少なくないのでは?生活の見直しをした上で、天引きの制度などを活用するのも一つの方法かもしれません。何よりストレスを感じることなく、楽しみながらと取り組める方法をぜひ探してみてはいかがでしょうか。

1000本 ノッカーズ(1000 knockers)