※イメージ画像:『スーパーエンタメ新聞アニカンRヤンヤン!!  福原遥大特集 クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! 「ハッピー!クッキンタイム♪」』エムジーツー

写真拡大

 アイドルファンから「まいんちゃん」として親しまれたモデルの福原遥(15)が、17日放送のトークバラエティ『内村とザワつく夜』(TBS系)でセーラー服姿を披露し、ネット上で「可愛すぎる」などと大きな反響を呼んでいる。

 同番組は、実話をもとに日常生活の“嫌な女”のエピソードを再現ドラマ化する趣向。この日は「女同士のイジメ」がテーマだった。福原は視聴者から投稿された中学校のイジメエピソードに出演。福原演じる女子中学生が、内村光良(49)扮する親友「ウチ子」の好きな先輩になりすまして交換日記をし、ウチ子の心をもてあそぶという内容。最後にネタばらしをしたうえに「ウチ子が先輩と付き合えるわけないじゃん」と笑顔で言い放つという強烈な役柄だった。

 嫌な女を演じきった福原だが、これを視聴していたネットユーザーが注目したのはセーラー服姿の彼女の美少女ぶり。福原は昨年まで現役の中学生。ドラマの設定もセーラー服もハマるのは当然ではあるが、それを差し引いても目を見張るほどの可愛さだったと評判だ。ネット上では以下のような賞賛の声が多数上がっている。

「まいんちゃんのセーラー服姿ちょう可愛い!」
「めっちゃ可愛い…一目ぼれした」
「(天使すぎるアイドルと呼ばれる)橋本環奈よりも天使」
「まいんちゃん可愛さ鬼すぎるだろ! 人類の中で可愛いナンバーワン」
「こんなに美人に成長して嬉しい」

 福原が認知度を高めたきっかけは、昨年3月までNHK Eテレで放送されていた子ども向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』の柊まいん役だった。小学5年生(10歳)の時に同番組に抜擢されると、本来は視聴ターゲットではないはずの“大きなおともだち”が熱狂。ローティーンアイドル好きの間では特に人気の高い存在となった。

 福原は昨年3月に同番組を卒業。その後はたまにメディアで取り上げられても、一部ファンから「劣化した」「もう成長したからダメだ」「もうまいんちゃんじゃない」「さよなら、俺のまいん」などと心ない声が上がるようになった。しかし、その“劣化説”を一蹴するかのような成長を見せつけた格好だ。最近は活躍を追いかけていないファンが多かったこともあり、今回の再現ドラマの抜群の美少女が福原だと気付かず、このとんでもない美少女は誰なのかとネット検索する視聴者も少なくなかったようだ。

「このところモデル活動以外は仕事をセーブしていた福原ですが、今年4月に高校に入学して環境が落ち着いたことで、夢である『女優』を本格的に目指そうとしているようです。『まいんちゃん』人気は彼女の知名度を高めましたが、そういったファンは成長してしまうと冷たくなってしまうのが常。そのまま消えていったジュニア系タレントは数知れない。しかし、福原は“大きなおともだち”抜きでも十分にファンを増やせることが今回の賞賛ぶりで分かった。順調に露出を増やせば、本格ブレイクも狙える状態かもしれません」(芸能関係者)

 現在、福原はEテレのバラエティー『すイエんサー』にティーンズモデルで構成された「すイエんサーガールズ」の一員としてレギュラー出演。さらに、7月19日公開予定の映画『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』にギャラクシーライン車掌・レディ役で出演する。もともと一部では人気も知名度も高かっただけに、活動が活発化すれば一気にブレイクへの階段を駆け上ってしまうこともありそうだ。

 少女から大人に変わりつつある彼女が、どのような成長を見せてくれるのか楽しみにしたい。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)