「花嫁のパパ」第3弾の噂否定、S・マーティンがオファーないと告白。

写真拡大

スティーヴ・マーティンが、映画「花嫁のパパ」第3作目の主演を務めるという報道を否定した。

1991年発表の「花嫁のパパ」と1995年の続編「花嫁のパパ2」でビジネスマンのジョージ・バンクス役を演じたスティーヴだが、妻のニーナ役を演じたダイアン・キートンと共にシリーズ第3弾で続投する方向で連絡を受けたという噂を一蹴した。

スティーヴはツイッターで「僕が『花嫁のパパ3』に出るっていうのを読んですごく感激しているところ。だって僕は脚本も見たこともなければ、出演をオファーされてもいないからね!」とコメントしている。

先日の報道によれば、第3弾は、前作までキーラン・カルキンが演じた息子マッティが米海軍の息子と結婚すると打ち明けることでスティーヴのキャラクターを「愕然とさせ、開いた口がふさがらなくしてしまう」という内容になると言われていた。

スティーヴは続投の可能性について連絡も受けていないとしたものの、「花嫁のパパ」の3作目が製作されるという点については異議を唱えていない。また、オリジナル作で監督と共同脚本を担当したチャールズ・シャイアもこの新作に向けて契約を交わしたと言われている。

スティーヴの「花嫁のパパ」は、1950年公開の「花嫁の父」をもとにしており、「花嫁のパパ2」は1951年の「可愛い配当」から大まかな着想を得たものだった。