池袋・サンシャインシティ、O2Oソリューション「スタンプス」を利用した女性向けキャンペーン実施

写真拡大

 池袋・サンシャインシティは、O2Oソリューション「スタンプス」を利用し、毎週水曜日に買い物をするとスタンプがたまる女性向けキャンペーンを実施する。

 22 Inc.は、池袋・サンシャインシティにおいてO2Oソリューション「スタンプス(Stamps)」が公式利用されることを発表した。

 「スタンプス」は、様々な店舗のカードを持ち運べるスマートフォンアプリ。店舗は、お客様の性別や年代、来店回数や最終来店からの日数などに応じてクーポンや、プッシュ通知でのお知らせを送ることで、再来店を促進することができる。

 サンシャインシティでは、毎週水曜日に「レディスデー」を開催している。専門店街アルパや水族館・展望台などのアミューズメント施設の回遊、及び女性向けの企画やキャンペーンを推進する「サンシャイン女子道」のイベントへの参加促進、並びにクーポンやイベント情報の発信を目的として「スタンプス」を利用し、「女子道スタンプカード」を発行する。開催は、6月18日から12月31日までの期間中の水曜日。