18日、新浪体育によると、韓国はブラジルワールドカップの初戦でロシアと対戦し1−1で引き分けたが、先日、韓国サポーターがロシアを皮肉るボードを掲げていたことが話題となっている。

写真拡大

2014年6月18日、新浪体育によると、韓国はブラジルワールドカップ(W杯)の初戦でロシアと対戦し1−1で引き分けたが、先日、韓国サポーターがロシアを皮肉るボードを掲げていたことが話題となっている。

【その他の写真】

数日前、ある韓国のサポーターが英語で「I know what you did last winter in sochi(お前たちがソチで何をしたか知っているぞ)」と書かれたボードを手にしていた。「ロシアは審判に頼って勝利を手にした」と暗に皮肉っているのだ。

2月に行われたソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルで、ショートプログラム(SP)で首位だった韓国のキム・ヨナは、フリーでミスをしたロシアのソトニコワに逆転され、銀メダルに終わった。これについて韓国国内では「採点に不正操作があり、金メダルはロシアに奪い取られた」とする見方が根強い。韓国SBSテレビの番組司会者も「ソチ五輪は五輪史の恥辱」と述べている。

韓国のサポーターが掲げていたボードは、それを指したものとみられる。韓国とロシアの「場外戦」はブラジルW杯でも展開されている。(翻訳・編集/北田)