11歳で全米女子に出場するルーシー・リー(撮影:上山敬太)

写真拡大

<全米女子オープン 事前情報◇17日◇パインハースト・ナンバー2(6,649ヤード・パー70)>
男子メジャー「全米オープン」と同コースでの連続開催が大きな注目を集めている「全米女子オープン」。そしてもう1つ全米から注目されているのが若干11歳で予選会を突破し、本戦への切符をつかんだルーシー・リー(米国)だ。
藍、メジャーにも淡々「気持ちはガツガツしていない」
 リーは香港からカリフォルニア州に移住。7歳の時に兄がゴルフをしていたのをきっかけに、一緒に練習場に行きゴルフを始めた。
 公式会見では「結果は気にせず、楽しんでプレーして自分のベストを尽くしたい」と笑顔で目標を話したリー。「偉大なプレーヤーたちから多くを学びたいです」。この大会には世界中から超一流プレーヤーが集まってくる。その選手たちをお手本に、自分のゴルフにさらに磨きをかけるつもりだ。
 予選会では2位に7打差をつける圧勝で本戦行きを決めたリー。日本ではアマチュア選手の活躍が目覚しいが、米国でも“アマチュア旋風”が巻き起こるのか。なお、日本からも16歳のアマチュア、橋本千里が出場する。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
人気女子プロの秘蔵フォト満載!「写真館」
最新のギア情報&試打レポートをチェック!