サッカーW杯ブラジル大会が始まり、日本中の注目を集めている日本代表。中でも、日本代表メンバーの中で最多出場記録を持つ、遠藤保仁選手(34)の人気は高い。そんな遠藤選手だが、意外な層の心を掴んでいるのだという。2年前から遠藤選手を応援しているという女性Aさん(25歳・大学院生)は、そのきっかけについて次のように語る。

「2012年に公開された映画『名探偵コナン 11人目のストライカー』に、遠藤選手が登場しました。遠藤選手自身がキャラクター化して登場しただけでなく、声優まで担当していたんです。それがなかなか味のある演技で、コナンファンの間で話題になりました。

 遠藤選手が『大のコナン好き』ということで起用されたと知ってから、コナンファンとしては『同じファンとして遠藤選手を応援しなくては!』と思いました。でもサッカーのことがよく分からないので、試合を観てもちゃんと展開を理解できないんですけど(笑い)」

 コナンファン暦18年という男性・Bさん(27歳・会社員)も、遠藤選手の「コナン好き」というエピソードを知ってから、彼を応援するようになったと話す。

「遠藤選手がコナン好きということを知って気になりはじめました。決して若くない年齢ですが、試合出場数は日本トップ。W杯では後半からピッチに立って決定的なパスを出してほしいですね。期待しています」

 サッカーファンからだけでなく、コナンファンからも熱い声援を送られる遠藤。活躍を期待する声は鳴り止まない。