通常比100倍のCTRを記録「閲覧がブロックされているコンテンツ」に貼られたバナー広告

写真拡大 (全3枚)

 動画の閲覧期限が切れていてガッカリ……という経験はありませんか?そんな心のスキマを埋める広告が登場です。これは確かにクリックしちゃうかも。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要
 時期:2014年

 国名:ベルギー

 企業/ブランド:Brussels Airlines

 業種:エアライン

■見られないなら、行けばいいじゃない!

 ベルギーのブリュッセル航空は、パリ行きの格安航空券をプロモートするために、これまでに例のない『場所』にバナー広告を設置して、航空券予約画面へのクリックスルーレート(CTR)を大幅に向上させることに成功しました。

 ブリュッセル航空のターゲット客は、主にベルギー南部に居住するフランス語を公用語とする人々。この内、実に40%がベルギーで放送されている仏語放送より、フランス国内で放送されている番組を視聴しているといいます。

 お気に入りの番組を見逃してしまった時は、後日インターネットで再視聴できますが、これはフランス国内に居住していればの話。ベルギーからアクセスすると、「このコンテンツは貴国では視聴できません。」とのメッセージが表示され、観ることができません。

 これに目をつけたのが、今回の施策。下記のように、『閲覧がブロックされているコンテンツ』にバナー広告を貼り付け、見逃してしまった番組を観たくて仕方ない人に「ベルギーで再視聴できないのなら、フランスに行って観ようよ!」と声掛けをしたのです。

 続いて表示される「フランス行きのチケットは79ユーロから」というメッセージをクリックすると、ブリュッセル航空の航空券予約購入画面に遷移します。

 このバナー広告から航空券予約購入画面へのCTRは何と14.58%。これは通常のバナー広告に比べてほぼ100倍の成果だといいます。CVR(コンバージョンレート)がどの程度だったかは定かではありませんが、見事インサイトを突いてターゲットにアプローチすることに成功した常識にとらわれないバナーキャンペーンでした。

●動画はこちら

●参考サイト

Ads of the World

●先週の紹介キャンペーン

1ヶ月で献血者が335%増加! “スマホのバッテリーを分け与えられる”充電ケーブル

 記事転載元:AdGang